--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年02月25日

●SUZUKA 2&4 RACE

鈴鹿だけのビッグイベント! フォーミュラ・ニッポン、JSB1000、4輪、 2輪の国内トップレース同時開催!!

2006 4/15 SAT. 16 SUN.開催!

トヨタ、ホンダエンジン供給で大迫力の高速バトルが実現!
新生フォーミュラ・ニッポンがいよいよスタート

060211_04_l-s 1996年から始まったフォーミュラ・ニッポン。 11年目を迎えた今年は生まれ変わった新しいフォーミュラ・ニッポンがスタートすることになった。 昨年まで使用されていた無限MF308エンジンに代わりトヨタ、ホンダが新開発のV8エンジンをフォーミュラ・ ニッポンに供給してきたのだ。昨年までは毎分9,000回転で450馬力だったのが、毎分1万回転で550馬力にパワーアップ。 さらにシャーシはフォーミュラ・ニッポン用に開発された、空力に優れたローラFN06に一新。 これによってトップスピードはもちろんのこと、コーナリングスピードも格段に向上。 これまで経験したことのない高速バトルが実現することになったわけだ。新たに3チーム新生フォーミュラ・ニッポン FN06が増え、合計22台がエントリーする予定だ。スターティンググリッドに20台を超えるマシンが並ぶシーンは壮観そのもの。 しかもその全てがこれまで経験したことのないスピードでレーシングコースを疾走し、バトルをくり広げるのだ。

真夏の“コカ・コーラ”鈴鹿8耐にむけて、熱戦の幕が上がる!
第1ラウンド2&4から始まる激戦に目が離せない!

060211_18_l-s 大きく様変わりして、今まで以上に白熱の度合いを増したフォーミュラ・ニッポンだが、 これと同日開催されるMFJ全日本ロードレース選手権(JSB1000)も、国内最高峰の2輪ロードレースとして要注目だ。通常、 全日本選手権は、GP250クラス、GP125クラス、ST600クラス、GP-MONOクラスが併催されるが、 今大会のみJSB1000クラスの単独開催となる。
このJSB1000は、4ストローク1000ccエンジン搭載の一般市販ロードスポーツモデルを中心に、 日本独自のレギュレーションによってチューニングが施されたもの。“コカ・コーラ” 鈴鹿8耐やスーパーバイク世界選手権に登場するスーパーバイクとは、その仕様は若干、異なっていて、より市販状態に近いマシンだ。
今大会に出場するチーム&ライダーの多くは、7月30日(日)に決勝レースが開催される“コカ・コーラ”鈴鹿8耐を見据えている。 6月11日(日)には、“コカ・コーラ”鈴鹿8耐の前哨戦、“Road to 8hours”鈴鹿300kmが開催されるが、 今大会はまさに、“コカ・コーラ”鈴鹿8耐への第1ラウンドと言える。なお、11月5日(日)に、 鈴鹿サーキットで全日本ロードレース選手権最終戦として’99年のツインリンクもてぎ大会以来、7年ぶりに「第38回MFJグランプリ」 が開催されるが、今大会での各ライダーのタイムと、鈴鹿300km、“コカ・コーラ”鈴鹿8耐、そして最終戦でのタイムとを比較していけば、 一年間でどれだけマシンが進化したかを知ることができるはず

続きを読む ≫

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。