--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月16日

●全日本F3選手権第4戦決勝

 天候は回復し、晴天の中で第4戦のスタートが切られた。このレースで素晴らしい走りを見せたのは3番手スタートの伊沢拓也(Honda・ 戸田FIGHTEX)だった。

 伊沢は序盤に2番手のマルコ・アスマー(ThreeBond)を交わし、徐々にトップのファビオ・ カルボーン(ThreeBond)にせまる。そして10周目のシケインで並びかけると、そのまま翌周の1コーナーでアウトからオーバーテイク。 その後も安定した走行を続け、うれしい初優勝を記録した。2位にはカルボーン、3位にはエイドリアン・スーティル(DHG TOM`S F305)が入った。

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。