--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月06日

●CIK-FIAワールドカップ カートレース IN JAPAN

F1へのファーストステップ!世界最高峰CIK- FIAワールドカップが鈴鹿で復活!!

モータースポーツのファーストステップとなるカートレース。現在世界各国で様々な選手権シリーズが開催されている。 日本でもクラブやカートコースが主催するレースから、12歳から15歳の選手によるジュニア選手権、カートレースIN・ SUZUKAシリーズなどの地方選手権、国内のトップ選手が競う全日本選手権と、大きなピラミッドが形成されている。 その上に位置するのがアジアパシフィック選手権、ヨーロッパ選手権、そして頂点が世界選手権となる。 1991年から鈴鹿サーキット南コースで開催されてきたCIK-FIAワールドカップカートレースは、 この世界選手権と並ぶ格式を誇る世界最高峰レース。ここでの活躍をステップに数多くの選手がF1に登り詰めたほどで、 まさに世界の精鋭が結集してその腕を競い合った。鈴鹿南コースで99年まで開催され、 2000年はツインリンクもてぎで開催されたワールドカップが実に7年ぶり(国内では6年ぶり)に復活することになった。 この戦いを勝ち抜くことは、これまでの歴史を振り返っても分かるように、F1への第一歩を踏み出すことになる。 世界の精鋭たちによる世界最高峰のバトル、それがワールドカップカートレースだ。


G・フィジケラ、J・バトン、J・トゥルーリ、井出有治、 そして昨年のワールドチャンピオンF・アロンソ。ワールドカップが数々のF1ドライバーを輩出

1991年に初開催されたワールドカップカートレース。その年に活躍したのがF1ルノーチームのG・フィジケラだった。 フィジケラは93年にも参戦しFSAクラス2位入賞を果たしている。そして
ワールドカップで最も光り輝いていたのがF1トヨタチームで大活躍のJ・トゥルーリ。初開催の91年から5年連続してFSAクラスに参戦。 93年に3位表彰台を記録すると、94、95年と2連覇達成だ。F1ホンダチームのエースJ・ バトンも96年FAクラスに参戦し3位表彰台を記録。翌年はFSAに参戦し、大器の片鱗を見せつけた。97年からは今季トロ・ ロッソチームから出場のヴィタントニオ・リウッツィが参戦し、99年に優勝。昨年F1最年少チャンピオンを獲得したルノーのF・ アロンソも98年にFAクラスに参戦している。この年は決勝が豪雨のため中止となったが、アロンソは予選ヒートでトップを獲得するなど、 バトン同様未来のF1を予感させる走りを披露した。さらには今年F1デビューを果たした井出有治(スーパーアグリF1チーム)、N・ ロズベルグ(ウイリアムズ)も、それぞれ94年と00年(もてぎ)に参戦して活躍している。 やはりワールドカップはF1候補生たちにとって重要なタイトルとなるのだ。


ワールドカップをステップに世界の舞台を駆け登った高木虎之介、松浦孝亮F・ ニッポンに登り詰めた道上龍、脇阪寿一、松田次生、片岡龍也

日本人選手に目を向ければ98年からF1に参戦し、01年からアメリカ、インディカーシリーズに参戦、昨年フォーミュラ・ ニッポンに復帰した高木虎之介や、一昨年からアメリカ、 インディカーシリーズに参戦している松浦孝介もワールドカップでの活躍をステップに頂点に登り詰めた。97年のFAクラス、ファイナル。 トップを走るJ・コートニーを追い詰めた松浦は最終ラップの最終コーナーでこれを逆転。 見事に優勝を飾ったレースは今も語り継がれる名勝負だった。
他にも92年のFAクラス3位を獲得した道上龍はその後、フォーミュラ・ニッポン、GTシリーズで活躍。 さらにはワールドカップと併催されていたアジアパシフィックチャンピオンシップのICAクラスでも、数多くの日本人選手が活躍した。 94年優勝の脇阪寿一、96年優勝の松田次生、同年3位の片岡龍也は、今や押しも押されぬ国内のトップドライバーだ。
2006年ワールドカップカートレース IN JAPANはワールドカップのFAクラスと、アジアパシフィックチャンピオンシップのICA (インターコンチネンタルA)クラスで争われる。今シーズンは5月7日にイタリアでヨーロッパ選手権が開幕。 そして5月28日の鈴鹿サーキットでのワールドカップ。6月25日がヨーロッパ選手権第2戦のスケジュール。 誰もがこの流れの中で頂点を極めたいはず。世界の新鋭が大挙鈴鹿サーキットの南コースに結集することになる。 迎え撃つ国内のトップたちとの戦いにも注目したい。

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。