--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月23日

●TMSF 中嶋一貴選手に聞く今シーズンを振り返って

■今年一年シーズンを終えての感想
しっかりと一年間経験を積んで、良いレースも悪いレースもアップダウンはありましたが、自分ではまだ満足のいく結果ではありませんでしたが、来年は今年以上の結果を出していければと思います。

■初めてフルで参戦してみて特に強く感じたことは?
シーズン1年を参戦して内容の濃さと言うか、昨年もGP2に参戦しながらサードドライバーとしてレースには帯同していたのでシーズン自体は経験していましたが、レースで戦うのは今年初めての経験で、思っていた以上にプレッシャーはかかる等、内容の濃いシーズンでした。

■F1にフル参戦し、これまでと体力作りの方法は変えたのですか?またどのような体力作りをしていますか?
基本的には大きく変わっていません。GP2の時から同じトレーナーについてもらっているので、バラエティーは多少増えましたが首や心肺機能を鍛えるために走ったり水泳をしたり等の有酸素運動、それに加え上半身の筋力トレーニングをしています。一回のトレーニングは午前に2時間、午後に2時間くらいですね。シーズン中はなかなかトレーニングが出来ないのでレースウィークの間に2度、3度出来れば良い方なので、基本的に体力アップのトレーニングはシーズンオフになります。

■F1で自分が通用すると思ったところ、また改善しなければいけない所はどこですか?
改善したいところは、コースに対する経験があったと思います。ただ、その点は来年、自然と良くなっていくと思います。特に予選に関しては自分としても、もっと良くできたところはあると思うのでその部分を変えていきたいと思います。レースに関しては、後半に向けてレースペースや安定性が良くなってきていたので来年に向けて自信を持って臨める部分だと思います。レースをするという部分に関しては多くのドライバーと遜色なく出来ていると思うので、後は自分自身だけでは無くチームや車を含めて、全てのパフォーマンスを良い方向にもっていけるような経験を積んでいきたいですね。

■先日の日本グランプリ、今日のTMSFと圧倒的に家族連れが多かったですが、感想を聞かせてください。
今回本当に沢山の子供さんに来ていただき、モータースポーツにとって本当に良いことであり、今日のイベントであったiQのジムカーナーで寿一(脇坂寿一)さんと話していたのですが、モータースポーツを文化にしていくためには多くのお子さんに見てもらって興味をもって、レースをしたい、レースを見てみたい等思ってもらえるように、どんどん頑張っていかなくてはいけないと思います。それに向けてトヨタだけでなくドライバー自身も意識をもってイベントや良いレースを見せていきたいと思います。

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。