--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月25日

●CIK-FIA WORLD CUP KART RACE in JAPAN(鈴鹿サーキット)

『世界の強豪が集うワールドカップKF1は、イタリアの大ベテランドライバー、ダビデ・フォレが悲願の鈴鹿初優勝!』


[KF1 Final スタートシーン]

 ワールドカップ カートレース イン ジャパンは25日(日)に決勝の日を迎えた。レース前に行われたセレモニーでは大会旗、大会役員に引き続き、ワールドカップKF1、アジア・パシフィック選手権KF2に出場する全ドライバーが入場、一人ひとりが紹介され、ファンはそのたびに大きな拍手を送った。
 世界7カ国20名の強豪カーターが集ったワールドカップKF1クラス。ファイナル(決勝レース)のグリッドを決めるためのレース「プレファイナル(16周)」では、PP(ポール・ポジション)スタートのマルコ・アーディゴがトラブルで脱落。代わって3番手スタートのギャリー・キャットがトップフィニッシュ。しかし危険行為のペナルティーから10位扱いとなってしまった。ファイナルのPPを獲得したのはサウロ・チェセッティ。2番手がジェンソン・パロット、3番手がホンダF1チームの育成ドライバー、ウィル・スティーブンス、4番手は1周目のアクシデントで一時は16位まで後退したが、その後怒涛の追い上げを見せたダビデ・フォレの結果となった。
 そして迎えたファイナル(24周)。10番手スタートのキャットが一気に順位を上げ4周目にはトップに浮上。しかしキャットは4番手から挽回してきたフォレに追いまわされ、9周目には逆転。終盤フォレは後続に追いつかれる場面もあったが、なんとか逃げ切りトップチェッカー。鈴鹿国際南コース6度目のレースだったフォレは「鈴鹿ではずっと2位だったから、やっと勝てて、最高の気分だよ!メカニック、スタッフ、そして応援してくれた日本のファンの皆さんのおかげだと思う。本当にありがとう!」と、悲願の鈴鹿初優勝に、感無量の様子だった。
 2位はチェコの新鋭、16歳のリボール・トマン。3位はイタリアのベテラン、チェセッティ。スティーブンスは一時激しいトップ争いを繰り広げたものの、接触してしまい順位を落として10位でゴール。日本人期待の石井一也は8番手スタートからコースアウトで順位を下げてしまうが再度追い上げ、終盤のスティーブンスとのバトルを制し9位でゴールした。


[KF1表彰式左からリボール・トマン(2位)・ダビデ・フォレ(1位)・サウロ・チェセッティ(3位)]


『アジアパシフィック選手権KF2はイギリスの15歳、ジャック・ハーベイが初のビッグタイトル獲得!』

 アジアパシフィック選手権KF2は44台がエントリー。前日に行われた予選、そして25日(日)の朝に行われたセカンドチャンス・ヒート(敗者復活戦)で勝ち残った精鋭34台が決勝に駒を進めた。
 プレファイナルPP(ポール・ポジション)スタートはイギリスの15歳ジャック・ハーベイ。スタート直後に2番手に順位を落としたものの、6周目にはトップに返り咲きそのままゴールしファイナルのPPを獲得。ファイナルがスタートすると2周目から後続をどんどん引き離し、最終的には2位に11秒もの大差をつけポール・トゥ・ウィンを達成した。初めてビッグレースで優勝したハーベイは表彰台で何度もジャンプ、「ここで勝てるなんて夢のようだ。ここまで一生懸命頑張ってきた甲斐があった。」と初のビッグタイトル獲得に、全身で喜びを表していた。
 2位表彰台はプレファイナルでトラブルが発生しファイナルを25番グリッドからスタートした、カートの本場イタリアのベテラン、ジャコモ・パトロノ。実に23台抜きの快挙だ。3位表彰台はイタリアの新鋭、15歳のジャガーロ・ネロ。ファイナルラップの最終コーナーで2位を狙った15歳の勝田貴元はゴールまであと10mのところでクラッシュ。パトロノ、ネロと並んでフィニッシュラインを通過したが、惜しくも4位となった。


『サポートレースFP-Jrは福岡県の13歳、和田賢志郎が優勝!!』

 昨年に引き続きジュニアドライバー達によるレース「FP-Jr」が、今回もサポートレースとして開催された。プレファイナルでは愛知県の14歳、浅田ターボがポール・トゥ・ウィンを決めたが、ファイナルではスタートでミスし、最終的には3位でゴール。優勝を決めたのは福岡県の13歳、和田賢志郎だった。2位に入ったのは愛知県の11歳、山内飛侑。まだあどけなさが抜けないドライバーたちだが、上位争いだけでなく、中段、後方でもアグレッシブながらも安全に、しかも頭脳的な走りを見せるなど、大人顔負けのバトルを演じていた。彼らの今後の成長が楽しみだ。

[記事・写真:モビリティランド]

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。