--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月11日

●全日本フォーミュラ・ニッポン第2戦 トップ3コメント


左から2番手の平手選手、松田選手、ロッテラー選手

優勝 松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)
ここに来てクラッチをアジャストして良い方向に進んだのでスタートが上手くいきました。戦略的にワンピット予定だったので赤旗やSC(セーフティーカー)は出ないでほしいと思ったけど、SCが出た周がちょうどタイヤ交換のタイミングだったので助かりました。2度目のSCはタイヤ交換が済んでいたので車が壊れないように走るだけでした。今週はチームが一丸となって素晴らしい仕事をしてくれたので感謝したいと思います。今回は実力で勝ったと思うし、地元のファンも多く見に来てくれて、これからもフォーミュラ・ニッポンをもっと盛り上げていきたいと思います。

2位 平手晃平(TP Checker IMPUL)
この場にいられることがすごく嬉しいです。開幕の富士は予選までは良かったのですが、トラブルで駄目になってしまいました、今回はトラブル無く走れてフォーミュラ・ニッポンでの雨は初めてだったけど自分は雨が好きなので気持ちよく走れ良い結果になりました。後ろが外国人選手で速いと言うこともありタイヤの垂れをコントロールするのが難しく、自分としては一回目のSCが入っていなければロッテラーさんに抜かれていたかもしれません。SCが入った後は今までのギャップが全てゼロになって再スタートで不安はあったけど、落ち着いてスタートできました。ただロッテラーさんと20ラップほどバトルをしていたので疲れました。

3位 A・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)
最初から表彰台には上がれる自信で走っていましたが、7位からのスタートでは沢山の車を追い越すのに時間がかかり苦労しました。少しずつ平手選手に近づいてきたときにSCが入ってしまいました。もし、SCが入っていなかったら抜けていたでしょうね。そのうち平手選手のタイヤが垂れてきたのでチャンスかなと思いましたが、またSCが入って自分が思っていた戦略が駄目になってしまいました。フォーミュラ・ニッポンは予選が大事なので、これから予選にも重点をおいていく必要があります。平手選手は本当に素晴らしい走りをしていました。おめでとうと言いたいです。

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。