--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月10日

●全日本フォーミュラ・ニッポン 予選上位コメント

予選1位 松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)

昨日の練習走行でトップタイムをだして予選は晴れてほしいなと願いはありましたが、今日の朝に走ったときに速かったので雨でもいけるかなと思いました。Q1は順調でしたが、Q2でタイヤを変えちょっと失敗しました。Q3ではタイヤを戻したのが良かったです。今後の雨でのタイヤ選びに確信がもてました。基本的にドライから車を全くさわっていないので、ドライでもウェットでも走れるなと思いました。鈴鹿は走り慣れているので”水の川”が出るところがスクールの先生をやりながら新発見もあり、その部分をうまく避けて走ったのが良かったと思います。鈴鹿はいつもPPをとって皆に期待されますが、そこは意識せずにシリーズが始まったばかりだし最善の努力をすれば結果がついてくると思うので頑張りたいと思います。

予選2位 J・P・デ・オリベイラ(KONDO RACING)

雨と言うことが分かった時点で自信がありました。富士でも良かったので今回は自信がありました。松田選手の朝のタイムを見て驚きました。今回の予選に関してはQ2に関してタイムが上がったのはタイヤ選択が良かったですね。最後のQ3については路面の水も減りタイヤ選択に迷いましたが、そのままのタイヤでいきました。結果的にそれが良かったかどうかはこの後、チームとじっくりと考えていきたいと思います。松田選手のタイムは本当に素晴らしく”おめでとう”を言いたいです。

予選3位 B・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)

この間の富士は問題をかかえていました。あの状況は今の現実ではないですね。鈴鹿は難しいコースで今回のコンディションは厳しいですが、良い結果を出すことが目標でした。その状況で2位に入れたことはホッとしました。Q3では車のセットアップを変えて自信を持てました。車に関してはシーズンオフに自信をなくしていましたが、今日の結果で今後の自信につながります。今日はウェットだったのですが、明日のレースはドライになると思うので今日以上に頑張らなければならないと思います。

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。