--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年03月17日

●チララのハローガーデン 3月8日(土)OPEN!

鈴鹿サーキットと言えば「でんでんむし」

鈴鹿サーキットの名物として親しまれてきた「でんでんむし」はいつも遊園地入り口で独特の鳴き声?を発しながら出迎えてくれました。
その「でんでんむし」が2008年3月8日(土)に新しくなってチララのハローガーデンにデビューします。

2005年のMotorsports Landのオープンから昨年のピピラのモトフィールドまで、毎年進化してきたモートピアに新しくオープンするチララのハローガーデンは、自然とふれあう新エリア。様々な種類の花や樹木が子供達を出迎えてくれます。

今回新登場した「でんでんむし」は実は3代目。初代は1972年2月~1990年1月、2代目は1990年3月~2005年11月。と言うことは小学校5年の遠足で初めて乗った「でんでんむし」は初代だったんですね。2代目は子供達と何度も乗りました。ちょっと古くて不安定、そしてギシギシとなんとも言えない音で、ある意味スリル満点の乗り物でした。初めて子供と乗ったときに「でんでんむしなのに速すぎるよ~(怖)」と言ったのを覚えています(笑)でんでんむしに乗っている間に楽しめる「クイズででんでん~」も懐かしいです!!

この度、3月8日(土)のオープンを前に「でんでんむし」に乗る事が出来たので紹介しますね!

園内に入ってプッチタウンを過ぎて奥へ進むと「チララのハローガーデン」の入口があります。

でんでんカフェ でんくるフランク

入口に入って直ぐの右手に「でんでんカフェ」があります。おすすめはウインナーをぐるぐるに巻いた、でんくるフランク!ジューシーで美味しいですよ~!

そして、ハローガーデン奥に設置されたゴミ箱達?

この4つのゴミ箱達?がもう最高!!名前は「ブンベツカルテット」

燃えるゴミ・燃えないゴミ・カン・ペットボトルの4種類に分別されたゴミ箱に近づくと話しかけてくれます。子供達にゴミの分別を楽しく体験してもらう事が出来るのでおすすめです。「ブンベツカルテット」の語らいは是非現地で聞いて下さいね。それぞれのゴミ箱が名前で呼び合ってます(笑)本当にゴミを捨てるのが楽しくなります!それぞれのゴミ箱には表情もありますよ。

それでは、早速でんでんむしに乗ってみましょう!

でんでんむしステーションから乗ることができます!

ちっちゃな でんでんむし が「こでんでん」

目の前の3つのボタンを選んで押すと様々なおしゃべりが聞けます!

 伊勢湾が見えます

しばらく進むと鈴鹿名物立体交差が!

この部分が一番高く地上から約10メートル。見晴らしが良く伊勢湾まで見ることが出来ます。目の前はVスタンド!!

こちらが一番奥の部分。大きな樹を回り込むように進んでいきます。この樹は「グランマ」と名付けられています。なんだか神秘的でしたよ。

そして一番スリルのある場所。上下くねくねコース!!その間も「こでんでん」はしゃべるしゃべる。

その他に写真のチララガーデン、プートのひみつ工房を見ながら進みます。

乗車時間は約5分、久しぶりに乗った「でんでんむし」で童心に返ることが出来ました(笑)

チララのハローガーデンにはその他にも、でんでんむし広場や、どんぐり広場など小さなお子さんが楽しめる場所があります。広場の地面はふわふわ素材で出来ているので転んでも大丈夫。思いっきり遊べます!

自然とふれあえるチララのハローガーデン、レースの合間でも楽しめますよ!!

最後までお付き合いありがとうございました。
観戦塾では”でんでんむし誕生”を記念し
鈴鹿サーキット入園+パスポートセットを5組10名様にプレゼントします!

ご希望の方は、下記アドレスの申込ページより件名:”でんでんむし誕生プレゼント係”を選択し、必要事項を記入のうえお申し込み下さい。
締め切りは3月16日(日) 22時まで
※当選者の方にメールにて連絡させていただきます。

多数の御応募お待ちしています!

鈴鹿サーキット入園+パスポートセットに多数の申込みありがとうございました。

当選者は下記になります。

安藤様、市村様、中野様、タカ子様、由美様 以上5名です。
当選された方にはメールにてお知らせいたします。

今後とも観戦塾を宜しくお願い致します。

■MOBILITYLANDでんでんむしページ
http://www.mobilityland.co.jp/hellogarden_s/denden/

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。