--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月29日

●SUPER GT 公開合同テスト 23号車が総合トップ!


[総合でトップタイムをマークしたXANAVI NISMO GT-R]

 2月29日(金)、第21回をむかえるファン感謝デーを前に恒例のSUPER GT公開合同テストが開催された。

 好天に恵まれた鈴鹿サーキットには平日にも関わらずモータースポーツ開幕を待ちきれない多くのファンが詰めかけた。

 午前、午後とも赤旗中断となる荒れた展開の中、総合トップにたったのは#23 XANAVI NISMO GT-R(本山哲/ブノワ・トレルイエ)、2番手に#36 PETRONAS TOM'S SC430(脇坂寿一/アンドレ・ロッテラー)、3番手に#100 RAYBRIG NSX(井出有治・細川慎弥)が続いた。

 昨年のチャンピオン#1 ARTA NSX(ラルフ・ファーマン/伊沢拓也)は午前こそ4番手のタイムをマークしたが、ファーマンが担当した午後のセッション開始早々にシケインでクラッシュしテストを終えた。ただ、総合で5番手タイムを記録しただけに悔やまれるクラッシュだった。

明日は午前(9:00~11:00)と午後(13:45~16:00)でテストが行われる。


[午後からのテストでトップタイムをマークした#18 TAKATA 童夢 NSX]

[写真:秋山]

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。