--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月20日

●2008年 F1日本グランプリの開催概要発表!シャトルバスは留置き方式に

2月20日(水)都内において2008年 F1日本グランプリの開催概要発表会が行われ、10月10日(金)から12日(日)の3日間で行われる日本GPの概要を明らかにした。

まず始めに加藤裕明代表取締役社長が30年ぶりに開催された昨年のF1開催について改めて謝辞を述べるとともに、今年の開催に向けての方針を語った。

昨年、C席払戻しや雨天の中での長時間バス待ちなどの反省から、観戦者の安全を第一としたうえで、「安心で確実な交通アクセス」「楽しく快適な観戦環境」の2点を基本方針に地元とも連携を図りながら開催するなど観戦者の立場にたった運営を約束した。

問題となったシャトルバス運行については、昨年のピストン方式から乗車してきたバスをそのまま留置くことで、雨天時でもバス内で待機することが可能となる「留置き方式」を採用すると発表した。留置き方式の採用やきめ細かなサービスの実現を可能とするために来場者の縮小も併せて発表された。

また、チケット発売時期や指定席料金も発表されたが詳細については3月下旬に改めて発表されることになる。

改善策が発表されたが、様々な状況をシュミレーションしファンにとって楽しく快適な日本GPが開催されるよう心から願っている。

■富士スピードウェイF1公式サイト
http://www.fujispeedway.jp/

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。