--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月08日

●合同テスト3日目・午後

 060307_01_l
 午前に続いて天候は快晴。絶好のコンディションの中、各車順調に周回を重ねた。

 昨日に続いてブノワ・トレルイエ(mobile cast TEAM IMPUL)が速さを見せ、 これまでのテストの最速タイムである1:43.652を記録。昨年までのコースレコードを0.5秒縮めた。

 2番手はトレルイエのチームメイト、松田次生(mobile cast TEAM IMPUL) 。3番手は新星、ロイック・ デュバル(PIAA NAKAJIMA)だった。

 今季からエンジン、車体がリニューアルしたフォーミュラ・ニッポンでは大幅なタイムアップが期待されていたが、 現時点では劇的な進化を示していない。ただ、まだ走行距離が少なく、セットアップも手探りなのが現状。 シーズン開幕後に徐々にタイムが向上していくと予測されている。

[記事:加藤徹大]
[写真:鈴鹿サーキット]

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。