--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年08月26日

●フォーミュラ・ニッポン第6戦 決勝

今季初優勝したアンドレ・.ロッテラーの走り

14時30分からフォミュラー・ニッポン第6戦決勝が富士スピードウェイで行われた。

フロントロウの小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)がクラッチトラブルによってスタートできず、ミハエル・クルム(Arabian Oasis TEAM IMPUL)に追突され、2台とも姿を消した。そのアクシデントによりウォールに激突されたクルムのパーツが散らばり、遅れてセーフティーカーが入った。SCランの間、片岡 龍也(Forum Engineering Team LeMans)と 荒 聖治(DHG TOM'S RACING)がピットインする。

スタートからトップを守っていた、PPスタートの本山 哲(Arabian Oasis IMPUL)が、レース再開直後にアンドレ・ロッテラー ( DHG TOM'S RACING)に抜かれると、そのままずるずると順位を落としてしまう。

12週目にトップに立ったのは、ロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)。彼が24周で出した1,28.059がこのレースのファステストラップになった。しかし、28週目のピットインで35.1秒もかかり、一旦大幅に後退した。

45週目に本山がピットにクルマを入れレースを終える。
続く46週目のロニー・クインタレッリ(Team BOSS・INGING Formula Nippon)を最後に各車ピットインを終えると、トップに立ったのは片岡 龍也(Forum Engineering Team LeMans)。ロッテラーの猛追を数週に渡って必死に防御し、トップを走る。しかし53週目で遂にロッテラーかわされ、更にダンロップでブノワ・トレルイエ(mobilecast TEAM IMPUL)に押し出され5位に後退。そして数週後には、立川 祐路(RECKLESS CERUMO)に背後につつかれスピン・リタイアを喫してしまった。

そのままロッテラーがトップでフィニッシュし、今季初優勝を遂げた。
終盤デュバルをかわしたトレルイエは、前戦のクラッシュで痛めた右膝のじん帯が完治していないのにも関わらず2位になり、ランキングも2位に浮上。ロッテラーは3位になった。ランキングトップでフリー走行後に10グリット降格の松田次生(mobilecast IMPUL)は13位に終わった。ロッテラーのチームメイト荒が今季最高の4位に入賞した。


アンドレ・ロッテラー(DHG TOM'S RACING)
「スタートはすごく良かったが、バトルはすごくタフだった。ロイック(デュバル)はスタートでとても早く、その時点で今日自分は2位だと思って覚悟したが、チームが非常に良いピットストップをしてくれたおかげで1位になれた。しかしその後、片岡とバトルになってしまって、なかなか彼を抜くことが難しい上に6速がなくなってきていた。もっと攻めてもよかったが、ブノワやロイックも背後に迫っていてリスクを冒したくなかったので絶好のタイミングを待って抜くことができた。チームに教えてもらうまで、彼がリーダーだとは全く思ってなかった。最後はブノワもすごく早かったし、なるべくプッシュして後ろとのギャップを築こうと思って走った。この週末はチームの作戦もクルマも最高だった」

ブノワ・トレルイエ(mobilecast TEAM IMPUL)
「アンドレ程スタートは良くなく、ストールしそうになった。今日は膝が大丈夫かとかタイヤがもつか不安だったので、無茶はしないようにして、今日は2ストップかとも思ったが、途中で単に自分のペースが遅いことに気がついて目が覚めた。ロイックの後ろについていたし、アンドレは片岡に抑えられていたので、自分にもチャンスがあると彼らについて行った。今日は大変なレースだった」

ロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)
「スタートでチームメイトの小暮と接触しそうになったが、うまくかわせてほっとした。第1スティントのタイヤはすごく良かったので、良いペースが作れた。ピットストップ直前に他のクルマにひっかかってしまい、若干ペースを落としてしまった。第2スティントのペースは良くなかったが、アンドレが片岡につかまってるのを見て、まだチャンスがあるし、自分の方がペースは速いと思ってついて行った。しかしアンドレが片岡を抜くのと同時に、自分もブノワにパスされてしまったのが残念。このところあまりペースがよくなかったので、無理をするよりこのまま表彰台で終わって、結果をきちんと残したかった」

舘 信秀(DHG TOM'S RACING監督)
「最初のSCの時にアンドレのクルマをどうするか迷ったが、予選も良かったし王道を行こうと思ったので動かなかった。今日は良い日だった」
スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。