--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年07月08日

●フォーミュラ・ニッポン第5戦 波乱の鈴鹿を制したのはノーピット作戦の本山哲

14時30分、夏の鈴鹿サーキットでフォミュラー・ニッポン第5戦決勝が43周250キロで行われた。

初優勝を狙う松田次生(mobilecast IMPUL)がスタートを決めホールショットを奪った。1周を終えた地点で本山哲が6番手スタートから3番手まで順位を上げたが、ノーピット作戦によるフルタンク状態のため徐々に順位を落としていった。6周目に7番手スタートのA.ロッテラーが2番手に浮上し松田を追う体制になった。16周目、2番手に4秒以上の差をつけてトップを走行していた松田のペースがあがらず2番手のロッテラーと2秒の差となった。

そして、20周目をむかえた時、B.トレルイエ(mobilecast IMPUL)が西ストレートでクラッシュし赤旗中断となった。この中断の間に各車タイヤ交換が認められ、ノーピット作戦組のトップを走行していた本山哲(Arabian Oasis IMPUL)に優勝のチャンスが巡ってきた。

約25分の中断の末、15時40分にセーフティーカースタートで再びレースが再開された。トップの松田は残り10周までピットインせず引っぱり14.2秒のピット作業の後、6番手で復帰した。松田は前をいく5番手のF.カルボーン(DcCoMo DANDELION)に1周で2秒縮める驚異のタイムで追いつき、残り4周でカルボーン、残り2周でM.クルム(Arabian Oasis IMPUL)を抜き4番手に浮上し貴重な4ポイントを獲得した。

優勝はノーピット作戦をとった本山、2番手にB.ビルドハイム(DcCoMo DANDELION)、3番手に2年ぶりの表彰台となる井出有治(ARTA)が続いた。

IMG_6361.JPG

本山哲(Arabian Oasis IMPUL)
正直、優勝できるとは思っていなかった。予選が6番手だったので表彰台を目指して頑張った。ブノアの事は心配だったが、自らコクピットから出ようとしていたので大丈夫だと思っていた。本当に貴重な勝利だった。

B.ビルドハイム(DcCoMo DANDELION)
作戦がうまくいった。作戦通りノーピットで挑んだが本山選手ほどではないが良いペースを維持できた。ブノアの事は心配だったが、赤旗が結果的に良い方向にむいた。

井出有治(ARTA)
今日の朝の時点ではノーピットは考えていなかった。昼にエンジニアからノーピット作戦を告げられ正直自身は無かったが前のマシンについて行くことは考えずに、マシンやタイヤの事を考えなら走行した。順位は気にしていなかったが、3位をチームから告げられると表彰台に上ることを考え頑張った。最終ラップには松田選手が後ろまで迫ってきたがなんとか3位でチェッカーを受けることができた。

服部尚貴(Arabian Oasis IMPUL監督)
松田選手の序盤のペースをみると予想以上に速く、正直作戦失敗かなと思った。ブノワのクラッシュには驚き心配したが申し訳ないがチームにとってラッキーな結果になった。

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。