--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月15日

●MFJ全日本RR第2戦 Team桜井ホンダ亀谷長純 初勝利

12時50分にスタートしたJSB1000クラスの決勝、中須賀克行(YSP&PRESTOレーシング)は好スタートで飛び出し周回を重ねる毎に後続を引き離し順調にトップを快走。

2番手争いは熾烈で、渡辺篤(ヨシムラスズキwithJOMO)が3番手の秋吉耕佑(WINs SUZUKI R.T)と終始2位争い。6周目の130Rで秋吉が2番手に浮上。
その後抜きつ抜かれつのレース展開で2番手争いはPPスタートの徳留和樹(ホンダドリーム無限RT)、渡辺、秋吉、安田隆史(team HARC-PRO.)、亀谷長純(Team 桜井ホンダ)、山口(モリワキMOTULレーシング)と大きなグループとなっていった。
その中で7番手スタートの亀谷が 9周目ヘアピンで渡辺を抜き3番手に、続いて130Rで前をいく秋吉を抜き2番手に、ファステストラップを連発しトップの中須賀を追う展開となった。

後続を引き離しそのままチェッカーを受けると思われた中須賀は残り3周、突然のスローダウンでピットイン、痛恨のリタイアとなった。
リタイアとなったものの中須賀の走りにスタンドの観客からは大きな拍手が送られた。

最後は亀谷が後続を引き離し、「9秒台をコンスタントに出す気持ちで走った」と言う様に安定した走りで見事JSB1000クラス初優勝を掴んだ。

2番手には最終ラップまでもつれ込み、渡辺、安田、山口、森脇尚護(モリワキMOTULレーシング)の4人が一列でシケインに飛び込む。前を行く渡辺に対し安田は「インにスペースがなかったのでアウトから仕掛けた」と見事2位でチェッカー、3位は開幕戦勝者の渡辺、4位は山口、森脇はシケインでラインをはずしグラベルにつかまり徳留に前を譲る形になり、6位でチェッカーとなった。7位は中盤からペースが落ちた秋吉、阿部典史(ワイズギア・レーシング)はスタートで一時4番手に上がったものの、その後8番手でチェッカーを受けた。

左から安田、亀谷、渡辺

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。