--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月14日

●鈴鹿2&4レース 公式予選総合結果 松田次生がコースレコードでPP獲得!

午前の曇り空から徐々に青空がのぞき、路面温度が上昇する中、デグナーでクラッシュした A.ロッテラー(DHG TOM'S RACING )をのぞく全車が午前のタイムを上回った。コースレコードでトップにたったのは松田 次生(mobilecast TEAM IMPUL)、2番手には同じくTEAM IMPULの本山哲(Arabian Oasis TEAM IMPUL)、3番手には小暮 卓史(PIAA NAKAJIMA)となった。明日は250Kmと通常よりレース距離が短く、スリリングなレースが展開されるだろう。

決勝は、14時30分より43周で行われる

Pos. No. Name Team Time1 Time2 Gap
1 2 松田 次生 mobilecast TEAM IMPUL 1'41.691 *1'41.115 0.000
2 19 本山 哲 Arabian Oasis TEAM IMPUL 1'41.768 *1'41.292 0.177
3 32 小暮 卓史 PIAA NAKAJIMA 1'42.161 *1'41.398 0.283
4 31 L.デュバル PIAA NAKAJIMA 1'42.796 *1'41.805 0.690
5 1 B.トレルイエ mobilecast TEAM IMPUL 1'42.078 *1'41.962 0.847
6 33 R.クインタレッリ INGING MOTORSPORT 1'42.862 *1'42.117 1.002
7 55 井出 有治 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 1'42.716 *1'42.171 1.056
8 11 立川 祐路 TEAM RECKLESS CERUMO 1'43.000 *1'42.361 1.246
9 20 M.クルム Arabian Oasis TEAM IMPUL 1'42.871 *1'42.470 1.355
10 56 金石 年弘 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 1'42.935 *1'42.551 1.436
11 7 片岡 龍也 Forum Engineering Team LeMans 1'43.188 *1'42.573 1.458
12 36 A.ロッテラー DHG TOM'S RACING *1'42.590 1'44.510 1.475
13 34 横溝 直輝 INGING MOTORSPORT 1'43.208 *1'42.794 1.679
14 41 F.カルボーン DoCoMo DANDELION 1'43.732 *1'42.873 1.758
15 4 J.P.デ・オリベイラ CARCHS KONDO RACING 1'43.654 *1'42.888 1.773
16 12 佐々木 孝太 TEAM RECKLESS CERUMO 1'43.732 *1'43.086 1.971
17 8 高木 虎之介 Forum Engineering Team LeMans 1'43.708 *1'43.176 2.061
18 40 B.ビルドハイム DoCoMo DANDELION 1'43.684 *1'43.259 2.144
19 6 吉本 大樹 SG team 5ZIGEN 1'44.778 *1'43.523 2.408
20 5 平中 克幸 SG team 5ZIGEN 1'44.129 *1'43.614 2.499
21 37 荒 聖治 DHG TOM'S RACING 1'44.133 *1'43.713 2.598
22 3 柳田 真孝 CARCHS KONDO RACING 1'45.453 *1'43.963 2.848

左から2番手の本山哲、トップの松田次生、3番手の小暮卓史

ドライバーズコメント

松田 次生(mobilecast TEAM IMPUL)
コースインのタイミングをずらし時間の使い方を変えたのが勝因だったと思う。午前の予選でイエローフラッグが出なければ40秒台の自信もあった。しかし、午後の走行では気温の上昇や風の影響でコンディションが変わり40秒台は難しかった。明日は250Kmと短い距離なのでしっかりと走りきりたい。

本山 哲(Arabian Oasis TEAM IMPUL)
今週末の流れは非常によく、狙い通りのタイムが出せたが松田は速すぎ。ただ、明日に向けてはイーブンだと思っている。決勝では最後まで走りきり、出来る限り早い段階でポイントを獲得し結果を出したい。

小暮 卓史(PIAA NAKAJIMA)
古巣のチームに戻り心機一転、前2人を追いかける形で走ってきた。セッティングも決まり思った以上のタイムがだせ満足している。明日はノーピットになると思うので最後までしっかり走りきりたい。

携帯電話で順位を確認する場合は「続きを読む」からお進み下さい

続きを読む ≫

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。