--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年03月04日

●合同テスト終了 強さを見せたNSX

 SuperGTの合同テストが終了し、ARTA NSXが午前のタイムをさらに短縮し、1:52.761をマーク。 開幕へ向けてピッチを一気に上げた。

 2番手に入ったのはカルソニック インパル Z。3番手はRAYBRIC NSXが続いた。

 今回のテストで印象的だったのがNSXの安定した速さ。セッション中は常に上位に数台が名を連ねている。 特筆すべきなのはコーナーでの安定性で、入口と出口でのスピードが速い。 昨年苦難のシーズンを送ったホンダのNSXが復活を遂げるのは間違いなさそうだ。

 今季からSuperGT選手権に参戦する新人に話を聞いた。

IMG_8071 JP・オリベイラ(イエローハットYMS・トミカZ)
「新しい環境にも慣れたし、悪くないね。1年目からタイトルを狙うのはとても難しいことだけど、とにかくベストを尽くすことを約束するよ。 経験を積んで来年以降につなげる年にしたいね。ただ、マシンの状態がとてもいいので、勝利を狙える位置にいると思う。 この前のTIサーキットでのテストではトップタイムも記録したしね。いい感触だよ。鈴鹿ではセットアップが重要だけど、 まだ最適な調整ができていない」

 

 

 

IMG_8073

ロイック・デュバル(EPSON NSX)
「気温の低い状態で苦しんだので、まだやるべきことが多い。午前中はエンジントラブルで走れなかったし、 午後はタイヤトラブルで時間を浪費してしまった。GTマシンにはもう慣れたよ。これまでドライブしたマシンよりもかなり重いけど、 問題ないね。選手権では良い成績を残したいね」

 

 

 

スポンサーサイト

メイン

コメント

●こんにちは
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/を見ていたら、リンクしてあったので、見にきました。又見にきまーす!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。