--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年09月10日

●格好良ければ何でも良い!D1グランプリ

 10時45分、実況解説の鈴木学氏の第一声で開会式が始まり、鈴鹿で初開催となるD1グランプリ本戦の幕が開けた。 開会式は独特の雰囲気の中、選手紹介では各選手様々なパフォーマンスで観客の声援に応えていた。

IMG_2361

と 、ちょっと堅めの現地レポート。ここは、D1グランプリらしくラフにいってみましょう(^^ゞ

11時45分、ベスト16を決める1回戦が終了し待ちに待ったピットウォーク。なんと、 ピットウォーク中に行われたD1マシン同乗体験に参加する機会をいただきました。同乗マシンは吉川薫選手のチェイサー。 何を考えたのかデジカメ持ったまま…。係員からそのまま持って乗って下さい(^^)♪の神の一声(^^)V

IMG_2419

IMG_2422

バケットに無理矢理お尻を埋め込み、4点シートベルトを締め気合い一発!スタート!!!

douzyou

メ インストレートからドリドリ!第一コーナーでもドリドリ!もちろん第二コーナーもドリドリ!S字手前でUターンし、 またまたドリドリ!思ったよりグリップあるんですね。まさしく、ドリフトマシンはお尻で乗れ!って感じ。 今でもドリドリの感触がお尻に残ってます。そして、吉川選手の両手両足を使った巧みな技、人間離れの早業です。絶対真似は出来ないっす! 初のD1で初の同乗!!いや~凄く良い体験をさせていただきました。吉川選手ありがとうございましたm(__)m

そして、メインイベント!
ベスト16追走はトーナメント形式。
鈴鹿初代チャンピオンは野村謙を決勝戦で破った、D1史上16人目のチャンピオン平岡英郎に決定!

IMG_2357

「格好良ければ何でも良い!」観客にも分かりやすいD1グランプリ。ちょっと病みつきになりそうです。
次回は10月21日(土)・22日(日)に富士スピードウェイで開催されます。

スポンサーサイト

メイン

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。