--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年03月27日

●SUPER GT富士合同テスト

3月27日(木)午前9:30から、SUPER GT富士合同テスト2日目が行われました。

あいにく朝から雨が降りスタート時はウェット。 途中晴れ間も出て路面は乾いたり濡れたりの繰り返しでした。春休みということもあって、駐車場はパドックまで満車状態。

 

家族で来られている方を多く見ました。

GT500は昨日の1日目、カルソニック IMPUL GT-Rが出した 1'34.781をEPSON NSX平中克幸が終了10分前にベストタイム1'34.299をマーク、そのまま終了となりました。(総合順位はGTnet参照

GT300は昨日のベストタイムクスコDUNLOPスバルインプレッサ 1'42.747 をどのチームも破ることができず、また3番手にはJIMCENTER DIXCEL ADVAN F430 1'43.767 とフェラーリが入るなど、番狂わせ的な結果となりました。

ダンロップコーナーなどでマシンの挙動を見ていると、あきらかにGT-Rが安定しています。

NSXのHONDA勢はリアが落ち着かない感じで、マシンが跳ねています。

しかしNSXタイムが勝っているのは直線が速い? 

セクタータイムがわからないので何ともいえませんが安定しているのはGT-R・・・

やはりGT-Rはウェイトハンデとリストリクターの絞りが効いているのか?!

[記事・写真:モタスポ観戦塾]

スポンサーサイト

2008年03月17日

●チララのハローガーデン 3月8日(土)OPEN!

鈴鹿サーキットと言えば「でんでんむし」

鈴鹿サーキットの名物として親しまれてきた「でんでんむし」はいつも遊園地入り口で独特の鳴き声?を発しながら出迎えてくれました。
その「でんでんむし」が2008年3月8日(土)に新しくなってチララのハローガーデンにデビューします。

2005年のMotorsports Landのオープンから昨年のピピラのモトフィールドまで、毎年進化してきたモートピアに新しくオープンするチララのハローガーデンは、自然とふれあう新エリア。様々な種類の花や樹木が子供達を出迎えてくれます。

今回新登場した「でんでんむし」は実は3代目。初代は1972年2月~1990年1月、2代目は1990年3月~2005年11月。と言うことは小学校5年の遠足で初めて乗った「でんでんむし」は初代だったんですね。2代目は子供達と何度も乗りました。ちょっと古くて不安定、そしてギシギシとなんとも言えない音で、ある意味スリル満点の乗り物でした。初めて子供と乗ったときに「でんでんむしなのに速すぎるよ~(怖)」と言ったのを覚えています(笑)でんでんむしに乗っている間に楽しめる「クイズででんでん~」も懐かしいです!!

この度、3月8日(土)のオープンを前に「でんでんむし」に乗る事が出来たので紹介しますね!

園内に入ってプッチタウンを過ぎて奥へ進むと「チララのハローガーデン」の入口があります。

でんでんカフェ でんくるフランク

入口に入って直ぐの右手に「でんでんカフェ」があります。おすすめはウインナーをぐるぐるに巻いた、でんくるフランク!ジューシーで美味しいですよ~!

そして、ハローガーデン奥に設置されたゴミ箱達?

この4つのゴミ箱達?がもう最高!!名前は「ブンベツカルテット」

燃えるゴミ・燃えないゴミ・カン・ペットボトルの4種類に分別されたゴミ箱に近づくと話しかけてくれます。子供達にゴミの分別を楽しく体験してもらう事が出来るのでおすすめです。「ブンベツカルテット」の語らいは是非現地で聞いて下さいね。それぞれのゴミ箱が名前で呼び合ってます(笑)本当にゴミを捨てるのが楽しくなります!それぞれのゴミ箱には表情もありますよ。

それでは、早速でんでんむしに乗ってみましょう!

でんでんむしステーションから乗ることができます!

ちっちゃな でんでんむし が「こでんでん」

目の前の3つのボタンを選んで押すと様々なおしゃべりが聞けます!

 伊勢湾が見えます

しばらく進むと鈴鹿名物立体交差が!

この部分が一番高く地上から約10メートル。見晴らしが良く伊勢湾まで見ることが出来ます。目の前はVスタンド!!

こちらが一番奥の部分。大きな樹を回り込むように進んでいきます。この樹は「グランマ」と名付けられています。なんだか神秘的でしたよ。

そして一番スリルのある場所。上下くねくねコース!!その間も「こでんでん」はしゃべるしゃべる。

その他に写真のチララガーデン、プートのひみつ工房を見ながら進みます。

乗車時間は約5分、久しぶりに乗った「でんでんむし」で童心に返ることが出来ました(笑)

チララのハローガーデンにはその他にも、でんでんむし広場や、どんぐり広場など小さなお子さんが楽しめる場所があります。広場の地面はふわふわ素材で出来ているので転んでも大丈夫。思いっきり遊べます!

自然とふれあえるチララのハローガーデン、レースの合間でも楽しめますよ!!

最後までお付き合いありがとうございました。
観戦塾では”でんでんむし誕生”を記念し
鈴鹿サーキット入園+パスポートセットを5組10名様にプレゼントします!

ご希望の方は、下記アドレスの申込ページより件名:”でんでんむし誕生プレゼント係”を選択し、必要事項を記入のうえお申し込み下さい。
締め切りは3月16日(日) 22時まで
※当選者の方にメールにて連絡させていただきます。

多数の御応募お待ちしています!

鈴鹿サーキット入園+パスポートセットに多数の申込みありがとうございました。

当選者は下記になります。

安藤様、市村様、中野様、タカ子様、由美様 以上5名です。
当選された方にはメールにてお知らせいたします。

今後とも観戦塾を宜しくお願い致します。

■MOBILITYLANDでんでんむしページ
http://www.mobilityland.co.jp/hellogarden_s/denden/

2008年03月10日

●検証用に仮設置されたC席仮設席を見てきました!

3月9日(日)、富士スピードウェイは検証用に仮設置した仮設スタンドの一部を公開したので早速行ってきました!

C席仮設席(1コーナー)は昨年のF1日本GPで「マシンが見えない!」と前代未聞の返金騒ぎとなった場所で、今年のF1開催に向け3月上旬に行われたF3のテスト時に3カ所のスタンドを設置し検証したそうです。

C席仮設検証用スタンド全景

今回、公開されたのは真ん中のスタンドです。

まるでスキーのジャンプ台を思わせるカタチで、通常のスタンドとは違い細長く最上段は正直、背中がゾクゾクと足もすくむおもいです。

 
[いずれもクリックすると大きくなります]

昨年、問題になったC席仮設席の角度は20度だったそうです。常設席の26度から比べると見えないのも当然!検証用のスタンドは約28度に設定したとの事。昨年の仮設席と比べてみても角度がついているのが分かります。

C席仮設-下から見あげる日本GP前.jpg C席仮設-下から見あげる.jpg
左が昨年の仮設席(建設中撮影)、右が検証用の仮設席 [いずれもクリックすると大きくなります]

それでは、実際に上がってみましょう!!

それぞれ1コーナー側、2コーナー側、コカ・コーラーコーナー側を撮ったみました。
分かりやすいように日本GP決勝時に撮った写真と比べれるように配置してみました。百聞は一見にしかず!

C席から1コーナー.jpg C席から2コーナー.jpg C席からコカ・コーラコーナー.jpg
[いずれもクリックすると大きくなります]

検証時はレース時期と比べ、お客さんも少なく一概には言えませんがレコードラインもばっちり見えます!天気さえ良ければコカ・コーラコーナー先の100Rまで見渡せます。

昨年、これだけ見えていたらと思うと…本当に残念↓

個人的には、富士の見所でもある1コーナーを検証時のようにストレスなくコースを見渡すことが出来るのなら61000円も決して高くはないでしょうね。ただ…見晴らしの点から考えると常設席はちょっとだけ安く設定されていても良いのかな?でも、常設席だから高価な方が良いのかな??いっその事、見晴らしはあまり良くないけど常設席!見晴らし最高仮設席!で選べる方が良いのかも…

最後に観戦塾恒例のパノラマ写真を制作しましたのでご覧下さい!

------------------------------------------------------------------------------------

下記の写真をクリックすると動くパノラマ写真を見ることが出来ます。
クリックして出てきた画像をマウスで”ぐりぐり”やってみて下さい。雰囲気がつかめると思います。

クリックすると動くパノラマ写真が見れます
07年の決勝時に撮影したモノです

クリックすると動くパノラマ写真が見れます
検証用に設置されたC席仮設席です(上段から撮影)

クリックすると動くパノラマ写真が見れます 
検証用に設置されたC席仮設席です(下段から撮影)

現在、観戦塾ホームページにあるパノラマ写真は全て07年日本GP以前に撮影したモノです。決勝時に各指定席からパノラマ写真を撮影していますので順次更新していきます。もう暫くお待ち下さい。

2008年03月05日

●フォーミュラー・ニッポン公式合同テスト 3日目 松田、驚速38秒台!

フォーミュラ・ニッポン公式テスト3日目は朝から気温も低くときおり雪も降る中行われ、松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)が最後のアタックでただひとり1分38秒909という驚異的なタイムをマーク。周囲を驚かせた。「クルマの乗り方をかえてみたら上手くいった。これで自信が持てた。昨年はゼロ勝チャンピオンと言われすごく悔しかった。でもこれで吹っ切れた。開幕戦はいけると思う」と早くも勝利宣言。

今年の松田は勝ってタイトル連覇をもぎ取る覚悟だ。


[ただ一人の38秒台を出した松田の走り]

「記事・写真:秋山」

2008年03月03日

●2009年導入新型車両最終デザイン発表

 昨年8月に2009年から導入する新型車両のコンセプトデザインを発表いたしました。
その後、CFD(コンピューターによる空力解析)及び実製作における課題を考慮し、今回の最終デザインに至りました。

 新型車両のコンセプトは、どのフォーミュラカーとも異なるデザイン、オーバーテイクの機会をより多く提供するため空力的に過敏でないこと、さらには後続車にも空力的悪影響をできるだけ及ぼさないことであります。

 このコンセプトを高い次元で達成するため、引き続き風洞実験を実施いたしますので、実製作車両では若干の変更の可能性はございますが、当初のコンセプトデザインに非常に近い形で8月には皆様にお披露目する予定です。

 今後も逐次、開発の模様を発表いたしますのでご期待下さい。

 

 

[リリース・写真:JRP]

2008年03月03日

●フォーミュラー・ニッポン公式合同テスト 1日目午後

14時過ぎから降り出した雨の影響でウェットコンディションとなった。15時のテスト開始時には雨は止んだが、路面が乾くまで各車ピットで待機となった。

残り1時間を切る頃に路面も乾き続々とテストを再開した。

各車残り5分でアタックに入り、昨年11月に自らが作ったコースレコード(1'40.510)に迫る1'40.737を叩き出した小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)がトップにたった。2番手には昨年のチャンピオン松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)、3番手にフォーミュラ・ニッポンルーキーの平手晃平(TEAM IMPUL)がはいった。

明日は9:00~、14:00~の各2時間でテストが行われる。


[総合3番手のタイムをだしたTEAM IMPUL の平手晃平]

Pos. No. Name Team Time1 Time2 Gap
1 32 小暮 卓史 PIAA NAKAJIMA 142.072 *1'40.737 0.000
2 1 松田 次生 LAWSON TEAM IMPUL 142.328 *1'40.980 0.243
3 20 平手 晃平 TEAM IMPUL 142.242 *1'41.501 0.764
4 36 A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM'S *1'41.664 1'42.343 0.927
5 47 R・クインタレッリ CERUMO/INGING 142.734 *1'41.668 0.931
6 2 B・トレルイエ LAWSON TEAM IMPUL *1'41.742 1'44.675 1.005
7 67 R・ストレイト STONEMARKET・BLAAK CERUMO/INGING 143.315 *1'41.833 1.096
8 3 横溝 直輝 KONDO RACING 143.021 *1'41.843 1.106
9 7 本山 哲 Team LeMans 142.312 *1'42.152 1.415
10 48 立川 祐路 CERUMO/INGING 143.061 *1'42.382 1.645
11 31 L・デュバル PIAA NAKAJIMA 142.549 *1'42.442 1.705
12 41 土屋 武士 DoCoMo DANDELION *1'42.637 1'42.980 1.900
13 8 石浦 宏明 Team LeMans 144.682 *1'42.684 1.947
14 56 伊沢 拓也 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 144.882 *1'42.762 2.025
15 4 J.P.デ・オリベイラ KONDO RACING *1'42.888 1'43.867 2.151
16 37 荒 聖治 PETRONAS TEAM TOM'S *1'42.902 1'43.333 2.165
17 40 松浦 孝亮 DoCoMo DANDELION 143.242 *1'42.905 2.168
18 5 金石 年弘 SG team 5ZIGEN 143.835 *1'42.944 2.207
19 6 平中 克幸 SG team 5ZIGEN *1'43.523 1'43.633 2.786
20 55 井出 有治 AUTOBACS RACING TEAM AGURI *1'43.720 1'44.519 2.983

[写真:秋山]

2008年03月03日

●フォーミュラー・ニッポン公式合同テスト 1日目午前

第21回ファン感謝デーの翌日、フォーミュラー・ニッポン公式合同テストが行われた。

曇り空の中、10時30分過ぎから2時間のテストが行われ、トップは41秒台を叩き出したアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)、2番手にブノワ・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)、3番手に小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)が続いた。

午後は15時より2時間のテストが行われる。

Pos. No. Name Team Time Gap
1 36 A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM'S 1'41.664 0.000
2 2 B・トレルイエ LAWSON TEAM IMPUL 1'41.742 0.078
3 32 小暮 卓史 PIAA NAKAJIMA 1'42.072 0.408
4 20 平手 晃平 TEAM IMPUL 1'42.242 0.578
5 7 本山 哲 Team LeMans 1'42.312 0.648
6 1 松田 次生 LAWSON TEAM IMPUL 1'42.328 0.664
7 31 L・デュバル PIAA NAKAJIMA 1'42.549 0.885
8 41 土屋 武士 DoCoMo DANDELION 1'42.637 0.973
9 47 R・クインタレッリ CERUMO/INGING 1'42.734 1.070
10 4 J.P.デ・オリベイラ KONDO RACING 1'42.888 1.224
11 37 荒 聖治 PETRONAS TEAM TOM'S 1'42.902 1.238
12 3 横溝 直輝 KONDO RACING 1'43.021 1.357
13 48 立川 祐路 CERUMO/INGING 1'43.061 1.397
14 40 松浦 孝亮 DoCoMo DANDELION 1'43.242 1.578
15 67 R・ストレイト STONEMARKET・BLAAK CERUMO/INGING 1'43.315 1.651
16 6 平中 克幸 SG team 5ZIGEN 1'43.523 1.859
17 55 井出 有治 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 1'43.720 2.056
18 5 金石 年弘 SG team 5ZIGEN 1'43.835 2.171
19 8 石浦 宏明 Team LeMans 1'44.682 3.018
20 56 伊沢 拓也 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 1'44.882 3.218

2008年03月02日

●2008モータースポーツファン感謝デー 今宮純氏トークショー

14時45分からはF1解説でお馴染みの今宮純氏のトークショーが行われました。会場に入ろうとしましたが、既に立ち見場所もないくらいの人・人・人。。。

開幕前の貴重な話や、スーパーアグリチームの現在の状況が聞けるかも??と言うこともあり大盛況です。

先日バルセロナで行われたF1テストの様子や、ミハエルシューマッハがテストに参加したエピソードなど現地取材の話題から始まり、「開幕戦のグリッドは1列目にフェラーリ、2列目マクラーレンそして、3列目にルノーのアロンソもしくはBMW!」と開幕戦のグリッドをズバリ予想するなど参加された方にとって貴重な時間となりました。

ウイリアムズからデビューする中嶋一貴について、チームメートのニコ・ロズベルグに勝つことが第一とエールを送り、また一貴とニコとのレース以外の話題について裏話を交えながら語っていました。

テストで良いタイムを出せていないホンダについては、「シェイクダウンを見てアチャ~と思った」など、正直な気持ちを語りながらも「既にロスブラウンの影響は出てきている、開幕前に行われるヘレスでの単独テストでマシンを仕上げてくるはず!」と、開幕に向けて明るい話題を提供していました。

最後に、ファンからの質問でスーパーアグリについて聞かれると、「もうじき何らかの明るいニュースが出てくるんじゃないかと期待しています」と参戦に向けて最終段階にあると思わせるコメントを残し約40分のトークショーが終了しました。

ファン感謝デー観客動員数:15時現在 28,000人

2008年03月02日

●2008モータースポーツファン感謝デー ウイリアムズFW11登場!

22年前の1986年に活躍したウィリアムズ・ホンダ FW11が鈴鹿サーキットに登場しました。FW11はナイジェル・マンセル5勝、ネルソン・ピケ4勝の合計9勝でコンストラクターズ・チャンピオンを獲得したマシンで、エンジンはV6ターボ!

ドライバーは元F1レーサーの中野信治!

何とも言えない低いエンジンを響かせメインストレートを疾走します!

22年前のマシンとは思えない迫力です!感動したっす!!!

2008年03月02日

●2008モータースポーツファン感謝デー 気になる一品!

こちらはレース場ゲート前に登場した松阪牛専門店 グランプリカフェ松阪牛 阪松!

三重県特産の松阪牛を使用した、「特産松阪牛 ロースステーキ 4,500円」など高級なモノから「松阪牛100%コロッケ 250円」まで数々のメニューが用意されています!

クリックして拡大 クリックして拡大

クリックして拡大

早速、980円の牛丼を食べてきましたが美味しかったですよ!あまりに腹が減っていたので写真撮るの忘れてました(^^ゞ

そして、次に注目すべき一品は鈴鹿サーキットオリジナルアルミアタッシュケース。
先日、モビリティランドのオンラインショップ「MOBILITY STATION」で限定販売され即完売した人気アイテムです!現地でも売ってるとは…。

そして、こちらはオマケ。。。

野外のイベントには必需品でしょうね!

2008年03月02日

●2008モータースポーツファン感謝デー オープニング!

bw_uploads_IMG_3538.jpg
bw_uploads_yatayata.jpg快晴となった鈴鹿サーキットで10時よりオープニングセレモニーが行われました。

まず、D1マシン2台が登場、迫力のドリフトを披露しメインストレート駆け抜けます!D1マシンに同乗するのはお馴染みレースアナウンサーのピエール北川!ピエールの開会宣言の後、モビリティランド土橋哲社長の挨拶と続きます。「2009年新しく生まれ変わった鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが開催されます。」 と報告されるとグランドスタンドから拍手が起こりました(^。^)

続いて、ピット上のサーキットビジョンでは2009年春の完成を目指す改修計画の詳細が発表されました。また、ピット上ホスピタリティブースの特設会場では完成予想模型・イラストが展示され多くの方が訪れています。

bw_uploads_IMG_3574.jpg

コース上では8耐/全日本2輪のデモ走行が行われています。

bw_uploads_tm_IMG_3562.jpg

IMG_3573.jpg

2008年03月02日

●2008モータースポーツファン感謝デー 恒例のゲート待ちを激写!

bw_uploads_IMG_2621.jpg
bw_uploads_yatayata.jpgえ~皆様!おはようございます。一年ぶりの登場、ヤタヤタでございます。

今日も朝早くからゲートオープン待ちを激写してきましたっ!

この写真はオープン30分前、まだそれ程の行列になっていませんがゲートオープン時には味の街手前まで延びていましたヨ!恐るべし鈴鹿。。。

bw_uploads_IMG_3462.jpg

いざっ!ゲートオープン!!席取り・体験イベント参加のためダッシュ!ダッシュ!!

bw_uploads_IMG_3473.jpg

はいっ終了!オフィシャル体験は参加可能人数が少なく激戦です!あっと言う間に終了です。まるでF1チケットのV席みたい…

bw_uploads_IMG_3484.jpg

bw_uploads_IMG_3516.jpg既に皆さんもご存じの2009年F1再開記念ピンバッジ、今日もゲートで配布されています。先着、15000名なのでお急ぎください!今回のファン感で配布終了となるようです!







2008年03月01日

●鈴鹿改修計画発表 検証編2

bw_uploads_3215.jpg

F1開催時に大渋滞が発生していたグランドスタンドから、第1コーナー側への通路が新たに歩道橋となります。

bw_uploads_32151.jpg

グランドスタンドはは大屋根が設置され全席個別シートになります。現状のA席、S1席、S2席エリアを見直し、新たにV席を約5900席増設。グランドスタンド合計で1900席増え、12830席となります。

IMG_3437.jpg

2008年03月01日

●鈴鹿改修計画発表 検証編1

鈴鹿改修計画が発表されました!ここでは模型を参考に検証していきたいと思います!

まず、ピットビル新設。

bw_uploads_pit.jpg


ピットビルは山田池の埋め立てに伴って従来より100メートル延長され48のピットボックスが設置されます。また、F1時には48のピットボックスの間仕切りを可動させることで12ブロック(各437㎡)の広大なピットボックスに変化します!

ピットビル2F、3Fにはホスピタリティエリアが設置され、ピットレーンに張り出した屋外テラス席からマシンの迫力を感じることが出来ます!2階部分はガラス張りとなります。

bw_uploads_IMG_3430.jpg

[この写真はグランドスタンドではないですよ!ピット上のホスピタリティエリアです]

パドック中心部には2階建てのセンターハウスが新たに登場します!

bw_uploads_IMG_3434.jpg


写真の真ん中部分にあるのがセンターハウスです。センターハウスの1階部分はパドックカフェ(仮称)となりベビールームも店内に設置予定です。また2階部分はホスピタリティエリアにつながるエントラントホールになります。

写真で注目すべきはセンターホール横に設置された2階建ての駐車場。VIPの駐車場になるのかな??

2008年03月01日

●鈴鹿改修計画発表! 改修計画一覧

クリックすると拡大します!
bw_uploads_tm_ifyPQzE.jpg

bw_uploads_tm_ifyPQzI.jpg

bw_uploads_tm_ifyPQzM.jpg

2008年03月01日

●鈴鹿改修計画発表!

bw_uploads_IMG_3426.jpg


S字コーナーより


遊園地方面から


2008年03月01日

●改修計画発表

2009年F1観戦チケット発売について

2008年11月上旬にチケット発売日・発売方法の詳細発表

2008年03月01日

●改修計画発表

2009年9月以降には西コースエリアの改修工事予定

2008年03月01日

●改修計画発表

センターハウス新設
パドック中心に2階建てのセンターハウスを新設
1階はパドックカフェ、ベビールームも設置。

2008年03月01日

●改修計画発表

ピットビル
地上3階、従来より約100メートル長く。

2008年03月01日

●改修計画発表

グランプリスクエアから第1コーナーに歩行者専用の橋を新設

2008年03月01日

●改修計画発表

パドックトンネルは新設し通路幅は4メートルに

2008年03月01日

●改修計画発表

グランドスタンドに大屋根設置、全席個別シートに。
ビジョンは3基に!

2008年03月01日

●改修計画発表

レーシングコースエリア

●東コースランオフエリア拡幅
●主要コーナーにサービスロード新設

2008年03月01日

●改修計画発表

パドック・ピットエリア

●ピットビル新設
●コントロールタワー新設
●メディカルセンター新設
●チームオフィス新設
●センターハウス新設
●ピットビル2F・3Fにホスピタリティエリア設置
●メディアセンター設置

2008年03月01日

●改修計画発表

観戦・イベントエリア

●グランドスタンドの改修
●パドックトンネルの新設
●グランプリスクエア拡張
●グランプリスクエア⇔第1コーナー歩行者専用の通路新設
●各観戦エリアの環境・快適性向上
●駐車場増設

2008年03月01日

●改修計画発表

「伝統あるファンタスティックなコース形状を活かしながらも、見る人・走る人・運営する人にとって、安心・安全でワクワクする世界有数のサーキット」をコンセプトに完成は2009年3月末

2008年03月01日

●改修計画記者会見

20080301112739
11時30分から始まります!

2008年03月01日

●鈴鹿サーキット改修計画発表

いよいよ3月1日に鈴鹿サーキット改修計画の計画概要が発表されます。
2009年に向けてどんな姿に変貌するのか楽しみですね~。
観戦塾では鈴鹿サーキット改修計画発表会の模様を下記で速報でお伝えする予定です。

11時30分からの予定です。
お楽しみに!

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。