--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年08月27日

●フォーミュラニッポン第6戦 決勝

DSC_0250
[写真:秋山]

予 定より5分遅れて14:35にフォーメーション開始。その直後、PPスタートの小暮卓史(ARTA)がスピン。 スタートを待たずして、痛恨のリタイヤとなった。

スタート直後、予選2位のブノワ・トレルイエ(mobilecast TEAM IMPUL)がトップに立ち、 11番手スタートの松田次生(mobilecast TEAM IMPUL)が2位浮上。松田はレインタイヤでスタート。 スリックのチームメイトをオープニングラップで抜き、トップに躍り出る。片岡龍也(Team LeMans)が1ラップ目でストップ。 本山哲(arting RACING TEAM with IMPUL)は4位に後退。レインタイヤでのスタートは、松田の他、荒 聖治 (KONDO RACING)、折目 遼(M&O with TEAM 5ZIGEN)の計3台。21番手スタートの荒は15位、 22番手スタートの折目は、9位にジャンプアップ。

6ラップを終えて、1位の松田と2位のトレルイエのタイム差は、15.467秒。路面が乾ききる前に、 差を広げたい松田は序盤から引き離しにかかるが、ラップを重ねるごとにトレルイエがタイムを上げてくる。

レインタイヤを履く3台は、タイヤを冷やしながらの走行するものの、8ラップを終える頃には、 レインとスリックの差がほとんどなくなる。荒は9ラップ目にタイヤ交換。10ラップ目に、 ついにトレルイエが1,41.201のファステストラップを記録し、レインタイヤの松田のタイム(1,41.290)を抜く。

4位の折目が渋滞を作っていたが、14番手からスタートしたアンドレ・ロッテラー(DHG TOM'S RACING)にかわされ、 17ラップ目でスリックに交換。トップに立っていた松田も、じりじりとタイムを落し始め、18ラップ目でピットに入り、13位で復帰する。

20ラップを終えて、トップはトレルイエ。金石年弘(ARTA)、ロッテラー、本山が続く。

最後尾スタートのロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)がどんどんタイムを更新し、32ラップ目には9位に浮上。 タイヤ交換により順位を落した松田も、ファステストラップを出しながら、懸命に追い上げる。レインタイヤを履いた3台以外はピットに入らず。

ロッテラーがついに42ラップ目、2位に浮上。平中克幸(EMS Racing)が土屋武士(DHG TOM'S RACING) に接触し、土屋がストップ。平中は走行中の危険行為により、10秒のペナルティストップを受ける。

結果、トレルイエが不安定なコンディションの中、安定した走りを見せ、今季3勝目。2位にはロッテラー。 今季初優勝を狙った本山は終盤、金石をかわし、3位を獲得。ファステストラップ(1,29.946/56周目)も記録した。

松田は追い上げたものの7位。一時6位にまでジャンプアップをしたデュバルは、2ラップを残して突然のスローダウン、9位に終わった。

DSC_0540
[写真:秋山]

IMG_2022 

スポンサーサイト

2006年08月27日

●インリン様が2シーターマシンに挑戦!

IMG_1948

フジテレビ系列F1中継20周年を記念して制作された300Km/h体感マシン「GP20」 の搭乗者にタレントでグラビアアイドルのインリン・オブ・ジョイトイがチャレンジした。

11時30分から行われたピットウォークの中、GP20を前に興奮気味のインリン。「ジョットコースターは嫌いなんです」 とのコメントを残しマシンの中へ!予定の2周を終了し、マシンから降りたインリンは「脳みそが左右に揺れました」と興奮気味に感想を語った。

IMG_1974 

2006年08月27日

●フォーミュラ・ニッポン第6戦 フリー走行

今朝の天気は曇り。昨夜からの雨で、ウェット宣言の中、フリー走行が行われた。

序盤のタイムは1分40秒台だったものの、ほとんどのクルマがスリックタイヤに履き換え、徐々にペースを上げ始める。

トップは、1,30.044のタイムを出した、予選11番手の松田次生(mobilecast TEAM IMPUL)。 今季初の優勝を狙う本山哲(arting RACING TEAM with IMPUL)が1,30.597で2番手、ビヨン・ ビルドハイム(DoCoMo DANDELION)がが続く。昨日の予選でPPを獲得した、小暮卓史(ARTA) は1,31.060で7番手となった。

波乱が予想される注目の決勝は、14:30から65周で争われる。

2006年08月27日

●フォーミュラーニッポン第6戦決勝朝

おはようございます。

8時現在、雨は止んでいますがコース上はウェット!ただ、ストレートは乾き始めています。 天気予報によるとこのまま雨は降りそうもないかな。

現在、コース上ではFNフリー走行が行われています。

決勝は14:30スタート!本日も宜しくお願いいたします。

2006年08月26日

●予選後ドライバーズコメント

IMG_1938 
PP  小暮卓史(ARTA)

「この場にいられることをチームに感謝したい。オートポリスからクルマが速かったので、その流れで今回もこられてPPが獲れた。 (セクター2が圧倒的に速かったが)ダウンフォース自体は、他と比べても極端についているわけではなかったが、 クルマのバランスが高速コーナーにあってたことと、僕自身が高速コーナーが得意だということ、 また乗りやすいクルマに仕上がってたので攻めていけた。決勝は、今まで2回PPを獲りながら活かせなかったので、今回はミスなくいきたい」

IMG_1939 
2位 本山 哲(arting IMPUL)

「(シーズン折り返しを過ぎたが)ここまで非常に不本意な結果が続いてるので、自分らしい思い通りの走りをしたい。 (小暮選手とはセクター2が差があったが)まず自分達のベストを出すことに集中して、最後のアタックでそれがうまくいった。 ずっと勝てないのも、予選で2番手なのも悔しいので、明日は必ずトップでゴールしたい」

IMG_1940 
3位 ブノワ・トレルイエ(mobilecast IMPUL)

「シーズン当初の目標は、予選では4位、決勝で表彰台を獲得すること。その意味では満足してる。 昨日からセッティングがうまくいっていなくて、セクター2とセクター3のバランスが悪かったが、最後でやっと平均的なバランスになったので、 なんとかタイムが出せた。明日のレースは問題ない。リミットまで攻めるとマシンに問題が出るが、レースでは大丈夫だと思う。 今は1つのレースを大事にやっていきたい。前回は運に見放されてたが、ポイントを重ねているので、当初の目標通りレースを続けたい」

2006年08月26日

●小暮、2戦連続PP獲得!

14:00予選2回目セッション開始。まず最初に本山哲(arting RACING TEAM with IMPUL) がコースイン。

第5戦から参戦している平中克幸(EMS Racing)が1,29.322でトップに立つ。

気温も少し下がり、路面状態は良好。

開始6分後、予選1回目トップの小暮卓史(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)が自身のタイムを上回る、 1,28.403でトップタイムをマーク。好調の片岡龍也(Team LeMans)が0.480秒差で2番手に続く。

2番手争いが、松田次生(mobilecast TEAM IMPUL)、立川祐路(TEAM RECKLESS CERUMO)、 平中、金石年弘(ARTA)と激しさを増す。ニュータイヤに履き替えた小暮が、タイムを更に更新し、ARTAの1、2体制に。 3番手までをHONDAエンジンが占め、好調をアピール。

しばらく膠着状態が続くが、終了6分前にトレルイエが1,28.418で2番手に躍り出る。直後、 本山も渾身の走りでトレルイエを上回る。土屋が5番手に浮上。ARTAのフロントロウ獲得を阻む。

結果は、1,28.184をマークした小暮が、第5戦に続く今季3度目のポールポジション。全セッションでトップタイムを叩き出す、 気持ちの良い走り。フロントロウには、0.213秒差で本山、トレルイエが3番手からスタートとなる。

0006

[写真:秋山]

2006年08月26日

●フォーミュラニッポン第6戦 公式予選1回目

2006年全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第6戦が、波乱の開幕戦に引き続き、富士スピードウェイで開催。 ゲートオープン当初は曇り空だったが、コースに日が差すまでに回復。

開始早々、土屋武士(DHG TOM'S RACING)が1,29.381、続いてランキングトップのブノワ・トレルイエ (mobilecast TEAM IMPUL)が1,29.571につける。開始13分、各車続々とコースイン。

土屋のチームメイト、アンドレ・ロッテラーが1,29.389に入り、TOM'Sが1、2番手に。

開始20分、トレルイエとランキングを争うチームメイト、松田次生が1,29.329でトップに浮上。 ディフェンディングチャンピオンの本山哲(arting RACING TEAM with IMPUL)もようやく2番手に入る。 2秒以内に全車が入る接戦に。

終了4分前、各車が再びコースイン。直後、小暮卓史(AUTOBACS RACING TEAM AGURI) が1,28.752でトップに躍り出る。2番手に松田。小暮がただ一人1分28秒台に入り、ポールを狙う。

公式予選2回目は、14:00開始。

2006年08月26日

●富士スピードウェイ探訪

腹が減っては戦はできぬ!と言うことで朝食を求めてメインスタンド裏へ。

その前に今日の富士山!やっぱり見えません(>_<)

IMG_1926

そして、目指すは恒例の沖縄そば♪

メインスタンド裏のショッピングテラスに行くまで様々なイベントの準備が進められています。

こちらは、モバイルキャストブース!ウイリアムズのマシンが展示されています!

IMG_1929IMG_1930 

そして、右の写真は皆さんご存じの場内シャトルバス!

無料のシャトルバスでコース一周も楽々!頻繁に走っていますので是非利用してみては!!!

IMG_1937

そうそう、メインスタンド裏では夏祭り開催中!

手作りっぽくていい味でています。

IMG_1935 IMG_1936

お立ち寄りの際は是非…♪

2006年08月26日

●フォーミュラニッポン第6戦 富士スピードウェイ

IMG_8239

富士に到着いたしました!

本日の天気は曇り。なんとか晴れ間も覗くかな・・・? 雲で富士山が見えないのが残念です。

富士より、フォーミュラニッポン第6戦のレポートをお届けします!

2006年08月18日

●ポッカ1000km いよいよ開幕!

2006 オートバックス SUPER GT シリーズ第6戦 第35回 インターナショナル ポッカ1000kmがいよいよ開幕!

観戦塾では、予選から決勝の模様を1000km観戦塾にてレポートします。

8耐観戦塾で大好評だった双方向Liveを1000Km観戦塾でも行います! 携帯電話にも対応しているので現地入りした方は是非ご利用下さい。

■1000km観戦塾(PC・携帯対応)
http://www.akaly.net/1000km/

2006年08月16日

●インターナショナル ポッカ1000km 直前リリース

伝統のPokka1000kmがSUPER GTとして初開催! 鈴鹿で繰り広げられる 予想もつかない熱きバトルに注目だ!

国内のツーリングカー耐久選手権として最も古い歴史を刻む鈴鹿1000kmレースは今年で35回大会を迎える。
その伝統の一戦が、人気の高いスーパーGTのシリーズ戦に加わり、真夏の鈴鹿で初めて開催されることとなった。
「1000km」とのタイトル通り、超ロングランの耐久戦となる今大会は、今シリーズのスーパーGTとしても最長を誇る。
さらにポッカ1000Kmならではのライトオン、つまり夜間走行もスーパーGTとしては初となる。
伝統と進化がコラボする、このスーパーGTポッカ1000Kmレースは新たな歴史の1ページを開くことになる。
エントリー台数はGT500クラス15台、GT300クラス25台の計40台。マシンは国内外で人気の市販車にチューニングを施しており、 ホンダでは NSX、トヨタでは レクサス SC430、SUPRA、CELICA、MR-S、ニッサンでは FAIRLADY Z、 マツダでは RX-7、スバルでは IMPREZAといった国内で人気の車種をはじめ、FERRARI、PORSCHE、FORD GTLamborghini Murcielago(ムルシェラゴ)R-GTなど外車も登場、なかにはチューニングショップオリジナルの、 MOSLER(モスラー)、紫電、Vemac(ヴィーマック)といった車種まであり、ラインナップも豊富だ。 お気に入りの車種や憧れのマシンを応援するのも、観戦の楽しみ方としてオススメだろう。また、 もっとも暑いこの時期に行われるPokka1000kmは、ドライバーにとってもマシンにとっても、 その真の強さが証明される過酷なステージ。さらに通常2名のドライバーが交代で戦うところ、 1000kmという長距離ゆえ第3のドライバーを新たに起用するチームが多く、国内外の実力派の面々が多く起用されている。
また、レースを観て楽しむだけでなく、参加・体験して楽しむイベントも盛りだくさん! 小学生以下のお子様連れのファミリーを無料でパドックにご招待する「キッズウォーク」が人気のほか、歴代マシンの展示が行われる 「1000kmヒストリー展」なども開催される。また園内では、夏プール「アクア・アドベンチャー」やゆうえんち「モートピア」のほか、 天然温泉やレストランなど、アトラクションやリゾートも充実。お好みのスタイルで1日まるごと楽しめる。
予選は8月19日(土)10:00、注目のポールポジションを決定するスーパーラップは15:45から。決勝は20日(日)13: 00スタート。約6時間半の過酷な戦いを走り抜けたゴールに待つのは、勝利をたたえる花火と観客からのスコールのような歓声。
ぜひ、ファミリーみんなで、仲間で、夏の思い出の1ページをつくろう。


大混戦!GT500クラスのタイトル争いに、 スーパーGTポッカ1000kmが決着をつける!?

2006年のスーパーGTシリーズは近年にない激しいトップ争い、タイトル争いが続いている。 トヨタ陣営が今季から投入したレクサスSC430が緒戦から実力を発揮。対するホンダNSX陣営も、 ニッサンZ陣営もマシンの戦闘力を大きく向上させてきたからだ。その結果、 開幕戦の鈴鹿で脇阪寿一組がレクサスにデビューウィンをもたらせると、第2戦は道上龍組、S・フィリップ組とNSXが1-2フィニッシュ。 第3戦は再びレクサスSC430の服部尚貴組が、第4戦はNSXの伊藤大輔組が優勝。そして第5戦は昨年のチャンピオン、 レクサスSC430の立川祐路組が予選PP(ポールポジション)から優勝。この間、Z勢の本山哲組が2位2回、3位1回を、M・ クルム組が3位2回、2位1回と確実に上位入賞を記録するといった具合で、 ランキングトップのNSX伊藤大輔組からランキング6位の本山哲組Zまでがわずか9ポイント差の中にひしめいているのだ。 スーパーGTポッカ1000kmはまさにこの混戦から抜け出すチャンス。というのもこのレースは何もかもが特別。 シリーズポイントも通常のレースより5ポイント多く加算されるため、ここで勝てばタイトルに大きく近づくことになるのだ。 当然各チームともスーパーGTポッカ1000kmに照準を合わせてきている。シリーズ中、最も激しい戦いになるのは間違いなさそうだ。


GT300クラスも大接戦。鈴鹿が決着の場となるか、 それともさらに混戦が続くのか

大接戦のタイトル争いはGT300クラスも同じ状況だ。第5戦で昨年のチャンピオン、佐々木孝太組Zが逆転で今季初優勝。 この結果ランキングトップのヴィーマック密山祥吾組から、紫電の高橋一穂組、RX-7の山野哲也組、 そして佐々木孝太組までが10ポイント差にひしめいているのだ。上位チームにとってはタイトル争いの混戦から抜け出すチャンス。 そして他のチームはポッカ1000kmで優勝することで一気にタイトル争いの主役に躍り出ることができるのだ。 はたして混戦から一気に抜け出すチームが現れるのか、それともこの混戦に拍車をかける結果となるのか?GT500同様、 スーパーGTポッカ1000kmがまさにシリーズのカギを握る1戦となる。


注目は勝敗のカギを握る第3ドライバー。 大物べテランドライバーから新鋭まで豪華ラインアップ

夏の暑さの中、1000kmもの距離を走り抜くことはドライバーに大きな負担を強いることになる。 このためスーパーGTシリーズは通常2名のドライバーで戦うが、ポッカ1000kmだけは特別。3名体制で戦うチームが多いのが特徴である。 そして新しく加わるこの選手、第3ドライバーが大きな鍵を握ることになる。各チームとも実力派ドライバー確保のため、 シーズン当初から人選を進めてきたと言う。注目されるところではZの本山哲/松田次生組に、今季序盤F1に参戦した井出有治が加わることだ。 井出は昨年まで同じZで活躍しただけに実績、実力ともに申し分なし。同様に昨年までスーパーGTに参戦し、優勝も経験しているJ・ デュフォアはB・トレルイエ組に加わる。さらにE・コマス組には荒聖治が加わることに。荒も実績は十分。 ニッサンZ陣営は強力な第3ドライバーを揃えてきた。 対するトヨタ陣営は実力派と新鋭を織り交ぜた布陣だ。 実力派ではレクサスの飯田章組に、今季フォーミュラ・ニッポンに参戦しているB・ビルドハイムが、立川祐路組には同じくフォーミュラ・ ニッポンで活躍しているR・クインタレッリが加わる予定。一方脇阪寿一組、服部尚貴組には今年F3で活躍中の若手のA・スーティルとR・ ストレイトの加入が有力視されている。これに対して、できるだけ現状のままで戦おうとしているのがNSX陣営だ。 現在ランキングトップの伊藤大輔組とランク3位の道上龍組に、ともにスーパーGTの実績十分な金石年弘、 金石勝智の加入が確実視されているが、L・デュバル組、S・フィリップ組は2人で走り切る予定だ。 一方GT300クラスも現在ランキング2位の紫電、高橋一穂組に、今季ヨーロッパでGP2を戦う吉本大樹が加わるなど、 有力な第3ドライバーが多数出場する。彼らの活躍が成績を大きく左右するといっても過言ではないだろう。 他にはないスーパーGTポッカ1000kmの大きな見どころ、それが第3ドライバーの活躍だ。


スーパーGT ポッカ1000kmはイベントも盛りだくさん! 会場にはドライミスト・クールダウンエリアも設置される

■キッズウォーク
日時:19日(土) 17:30~18:15
対象:中学生以下のお子様と、
その保護者の方。
参加費:無料

■1000kmヒストリー展
GPスクエア内特設会場にて、過去の1000km
レースで活躍したマシンを展示。
・展示予定車両
トヨタ7 ニッサンRC90CP
YAMATO CIVIC Castrol NSX

■デモ走行
20日(日)昼のピットウォーク時には、
コース上で各種デモ走行が行われ
る。日ごろ見られない珍しいマシンが
生で見られるチャンスだ!

■AUTO MAX
最終コーナースタンド上の広場で、 AUTO MAX開催決定!
パーツショップ、チューニングショップがPRブースを出展。実際に見て
触れて、ショップのベテラン店員からのアドバイスも直接受けられる。
有名ショップが一堂に集まるチャンスを見逃すな!
●出展予定ショップ
C-WEST アストロプロダクツ RS-R
サンラインオート ワーク SHOW UP
FEAST

www.1000Km.comで最新情報をゲット!

[鈴鹿サーキットリリース]

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。