--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年07月09日

●ドライバーズコメント

IMG_1038 
 
左から松田次生、 ブノワ・トレルイエ、本山哲

優勝、ブノワ・トレルイエ
「難しいレースではなかったけど、雨が降り出したときは苦労した。スタートは最高のものを目指さず、落ち着くことを考えた。 レース序盤からとにかくコントロールすることを心がけたんだ。リスクをとらずに、次生とのギャップを考えた。 ピットイン直前の5周で最大限プッシュし、差を広げられたよ。ピットストップは完璧。メカニックは素晴らしい仕事をしてくれた。 外から見ると簡単な作業に見えるけど、コミュニケーションがとれてないとうまくいかないんだ。ピットアウト直後も、 次生に対してダメージを与えるためにペースを上げた。少し疲れたけど、楽しかったよ。エンジニアにはペースを落とせといわれたけど、 よく意味がわからなかったよ(笑)。トヨタにはいいエンジンを与えてもらい、感謝している」

2位、松田次生
「雨のレースが多かったので、天気がもってよかった。 ブノワの言うとおり、今日は負け。序盤ペースが上がらなかったのは、フロントタイヤをいたわっていたから。 スプーンではタイヤを傷めやすいので。チームはいい車を与えてくれるので、あとは自分の努力だと思う。次はブノワに負けないようにがんばる。 次のオートポリスは路面がバンピーなので、セットアップに特に気をつけなければならない。荒れる展開になると思う」

3位、本山哲
「金曜日からいろいろなセットアップを試したかいがあって、序盤はかなりマシンの調子が良かった。ただ、 中盤からなぜかペースが上がらなくなってしまった。原因はまだわからない。苦しいレースだったが、その中で3位になったのはよかった。 次はいい準備をして表彰台の真ん中に立ちたい。オートポリスのレースはドライバーとして楽しみだ。」

優勝チーム監督、星野一義
「ミスのないようにした。ブノワのエンジニアはペースの速さに心配していたようだけど、僕はしていなかった。 本山がベストじゃない状態で3位に入ったことは優勝に値する。3台がいい意味で競争しているので、 欲を言えば星野一樹選手にもがんばってほしい。今朝は一皮向けるために活を入れておいた。チーム全体としては、雨でも晴れでも自信がある。 ただ、ドライバーにはおごらずにスタッフに感謝すべきだと言っている。100%以上の働きをしているスタッフがいるからだ。 チームのことを考えると、勝つ以上のことはない。勝利で解決することもある。これからも勝利を目指してがんばる」

スポンサーサイト

2006年07月09日

●フォーミュラ・ニッポン第5戦決勝

FNF_372(1)  
 スタート直前、鈴鹿サーキットは不安定な天候に見舞われたため、特別措置として10分間のフリー走行が設けられ、 各ドライバーはセッティングの最終確認に奔走した。

 緊張が高まるスタートでは、上位陣が無難なスタートを切る。ポールポジションからスタートのブノワ・トレルイエ、松田次生、 本山哲の3人は安定したペースで周回。小雨が振り出し、雨脚が不安定になるが、ペースが大きく乱れることはない。

 31周目にはトレルイエと本山が、その翌周には松田が迅速にピットインを済ませ、コースに復帰。 トレルイエはその後最速ラップを連発し、圧倒的な速さでゴール。開幕戦以来のシーズン2勝目を挙げた。2位には松田、3位に本山が入り、 IMPUL勢が上位を独占した。

 注目の井出有冶はピットでの失敗が響き、周回遅れの12位。4年ぶりにフォーミュラ・ ニッポンに復帰した荒聖冶はノーピット作戦で10位だった。

 次回第5戦は8月6日にオートポリスで行われる。
FNF_546(1)
[写真:AKIYAMA]

2006年07月09日

●はや~い!GP20!

IMG_0952
 ピットウォークの時間を利用して、お笑いコンビのスピードワゴンが2人乗りフォーミュラーカー体感マシン「GP20」に乗り込み、 音速の世界を体験した。

 今回、後部座席に座ったのは「あま~い!」でお馴染みの井戸田潤。レーシングスーツを着て鈴鹿サーキットを2周した井戸田は、 降りた瞬間に「はや~い!」と持ちネタをアレンジ。相方の小沢一敬に「ものすごく楽しい!」と興奮した様子で語った。

 この模様はレイザーラモンの走行とあわせて「モタ・スポ!(フジテレビ系列)」で放送される予定だ。

2006年07月09日

●ドライバーズコメント

IMG_0986 
優勝、伊沢拓也
「落ち着くことを心がけていたら、いいスタートを切ることができた。前半はペースが上がらず、後続を引き離せなかった。 また雨が降ってきたので、神様はいたずら好きだなと思う。レースは本当に長かった。去年はこのような状況で飛び出したことがあったので、 同じミスをしないようにと気を引き締めて走った」

 IMG_0983
2位、塚越広大
「スタートではクラッチを話したらエンジンがストールしてしまった。これまでにないほど最悪なスタート。 昨日からずっとマシンのp調子が良かったので悔しい。前回の鈴鹿では追い上げている最中にコースアウトしてしまったが、 今回は無我夢中にとにかく前へ向かうことだけ考えた。後半のような展開は個人的に好みなで、悪いなりに2位に入れてよかった」


IMG_0987
3位、エイドリアン・スーティル
「マシンのグリップが足りなかった。厳しい週末だったね。 雨は僕にとって見方になったんだけど、デグナーでは路面の濡れ具合がわからずにコースアウトしてしまった。もったいなかったね。 最後はいいバトルができた」

2006年07月09日

●全日本F3選手権第10戦決勝

 全日本F3選手権第10戦は、曇り空の下でスタート。ポールポジションからスタートした塚越は動き出しで大失敗し、順位を一気に下げる。 代わってトップに立ったのは、前回の鈴鹿、第4戦の勝者の伊沢拓也だった。

 伊沢はその後も安定した走りでそのままゴール。今季2勝目を挙げた。FD時代から走りこんだ鈴鹿での強さを証明した。

 8番手まで順位を下げた塚越は、次々にオーバーテイクを繰り返し、徐々にポジションを上げていく。 12周目から振り出した雨も味方につけ、結局2位。3位はコースオフを挽回したエイドリアン・スーティルが入った。

 F3選手権ではスーティルがトップを独走しているが、ここ鈴鹿ではホンダ勢が強さを発揮。シーズンは折り返しを過ぎたが、 残りは8レースもある。タイトル争いが激しさを増すことは間違いない。

2006年07月09日

●FCJ(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)第2戦決勝

IMG_0960
 今シーズンから始まったFCJ(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)第2戦が行われた。 ポールポジションからスタートの中山友貴は昨日に引き続きスタートで失敗。逆に初戦で辛酸をなめた関口雄飛が一気にトップを奪う。

続きを読む ≫

2006年07月09日

●フォーミュラ・ニッポン第4戦フリー走行

 9:00より決勝に備えたフリー走行が行われた。セッション直前に小雨が降ったが、路面はほぼドライ。 各車はマシンの感触を確かめるように走行し、セットアップに励んだ。

続きを読む ≫

2006年07月08日

●B・トレルイエのスーパーアタック炸裂!松田次生が続き、モバイルキャストIMPULが予選1-2を獲得

5171
 F・ニッポン第4戦公式予選は、ドライコンディションの下、午前、午後それぞれ45分間のセッションが行われた。 タイムが上がったのが2回目の予選。気温、路面温度とも下がり、残り時間6分あまりとなって各マシン次々とコースイン。 残り時間2分となってB・トレルイエのアタックが決まり1分45秒905。松田次生を逆転してトップ浮上。 松田が再逆転を狙って最後のアタックにかけたが46秒054。わずか0秒149差で無念の2番手。トレルイエが開幕戦、 第2戦に続き今季3回目のPP獲得となった。
「今年は4戦して3回目のPPだからすごくうれしいよ。まだマシンは完璧な状態じゃない。それでPPを取れたから満足している。 決勝は雨でも晴れでも大丈夫」と、トレルイエは決勝に向けて大きな自信を見せていた。 一方無念の結果に終わった松田次生も決勝に自信を見せる。「昨年の鈴鹿で同じ状況だったたからね」と、笑顔を見せた。 昨年鈴鹿で行われたシリーズ第2戦で、今回と同じ予選2位からPPのトレルイエをスタートでかわしたことがあるのだ。 松田が最も得意とする鈴鹿だけにその再現は十分可能だ。「トレルイエとどっちが速いかやってみたいですね」。トレルイエと松田、 チームメイト同士の戦いが見ものとなってきた。
「昨日に比べてマシンが良くなった。今日の予選1回目の後にさらにセッティングを変えた。結果的にそれが良かった」と言う、R・ クインタレッリが最後の最後、終了のチェッカーフラッグが降られた後にゴールラインを駆け抜け、今季自己最高の3番手を記録。 本山哲が4番手からのスタートとなった。F・ニッポンは9日午後2時30分に51周の決勝レースがスタートする。

[写真・記事:鈴鹿サーキット]

2006年07月08日

●F3第9戦はPPスタートの塚越広大が独走でF3初優勝

5180

F3は午前10時55分から、各15分の予選が2回行われ第9戦、第10戦のスターティンググリッドが決定。 午後3時10分から第9戦の決勝が行われた。予選PPを獲得した塚越広大がスタートを決めると、その後は誰も塚越を脅かすことはできず、 それどころかぐんぐん後続との差を広げ、最後は2位に8秒890もの差をつける独走でF3初優勝を飾った。井沢拓也が2位、A・ スーティルが3位表彰台に登った。これで塚越はポイントランク2位に浮上。塚越は9日午後4時10分にスタートが切られる第10戦(17周) もPPを獲得しており、「ここまで来るのにいろいろ試練があったが、応援してくれたみんなのおかげで勝つことができた。 このいい流れを切らさないようにして明日も頑張りたい」と、連勝に意欲を見せていた。

[写真・記事:鈴鹿サーキット]

2006年07月08日

●FCJ(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)開幕戦は安田裕信が優勝

5181

FCJは8日午前9時から公式予選が行われ第1戦のスターティンググリッドが決まり、 引き続き午後3時15分に第1戦の決勝がスタート。予選3番手の安田裕信が好ダッシュを見せて、予選PPの関口雄飛をかわしてトップ浮上。 その後安田と関口の息詰まる接戦が展開されたが、あと1周あまりとなったシケインで関口が痛恨のスピン。 安田が記念すべきFCJ開幕戦の優勝を飾った。予選6番手から追いあげた山本龍司が2位、松下昌揮が3位に入った。「テストでも予選でも、 関口には常に前に行かれていたが、スタートで前に出れば勝てると思っていた。明日もこの調子で頑張りたい」と、 安田は連勝に自信を覗かせていた。FCJはこの第1戦の決勝ベストラップ記録の順にグリッドに整列。9日午前11時に第2戦(17周) の決勝レースがスタートする。

[写真・記事:鈴鹿サーキット]

2006年07月07日

●鈴鹿でフォー!

 フジテレビ系列F1中継20周年記念 300Km体感マシン『GP20』が鈴鹿に登場!

フジテレビ系列F1中継20周年記念で作られたGP20のマシンに同乗するレイザーラモン

 フジテレビF1中継解説の森脇基恭氏の設計、 製作により完成した2人乗りフォーミュラーカー体感マシン『GP20』が「フォー!」 でお馴染みのレイザーラモンHGを同乗者に鈴鹿サーキットを疾走した。
また、同日18時から川岸光男 鈴鹿市長が『GP20』に挑戦した。
明日8日(土)はMie、 9日(日)はスピードワゴンを同乗者に迎え鈴鹿サーキット走行する!

『GP20』は今後もタレント・文化人・著名人の同乗体験による走行を行い、 300Kmの未知の領域を体感してもらうことでフォーミュラーマシンの醍醐味を伝え、今シーズンのF1を盛り上げていくことになる。

鈴鹿サーキットでの同乗走行の模様はフジテレビ系列「モタ・スポ!」で紹介されます。
次回走行は8月24日(木)~27日(日)に富士スピードウェイ行われる予定です。

鈴鹿のストレートを手を上げ走行するレイザーラモンとドライバーの光貞秀俊選手

[写真:鈴鹿サーキット]

2006年07月07日

●鈴鹿の夏がやってくる!

050423_01_l 

7月8日(土)よりアクア・アドベンチャーがOPENします!!

 「アクア・アドベンチャー」は、広大な森の緑に囲まれたプールエリア。その総面積は約23,000?。緑や花々に囲まれたエリアは、 まさに南国気分でいっぱい。リゾート気分を楽しみながら、ゆったりと夏のひとときをお楽しみいただけます。
 アクア。アドベンチャー内には、「アドベンチャープール」のほか、「リバープール」、「キッズプール」などもあり、 お子様から大人まで幅広い年齢層の皆様に楽しんでいただける内容となっています。

”アクア・アドベンチャー” ご利用招待券プレゼントに多数の御応募ありがとうございます。
当選された方へはメールにてご連絡いたします。
今後とも観戦塾を宜しくお願いいたします。

 

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。