--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月31日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ チャンピオンシップ記者会見

チャンピオン 松田 次生(LAWSON TEAM IMPUL)
「2年連続チャンピオンを獲ることができて、チーム・スタッフ、スポンサーの皆さんが力を合わせて、星野監督が素晴らしい体制を作ってくれてまずは感謝した。去年は自分の中では苦しい中でのチャンピオンだったが、今年は何か自分で残して獲りたいという強い決意があった。それが糧となって、前半から連続優勝、連続PPを獲り、高いモチベーションを保つことができた。しいていうなら今日は優勝したかったが、ギアの選択ミスでストレートスピードがあまりにも伸びなくて、ストレートで抜かれるようになってしまった。小暮選手には抜かれてしまったが、良いバトル、フェアなレースが最後までできた。最終戦は自分も勝って、菅生ではPIAA NAKAJIMAに反撃して、チームタイトルも獲って締めくくりたい」

星野 一義(TEAM IMPUL監督)
「今年一年声援をいただいて、ありがとうございました。最終戦を待たずにチャンピオンを取れたが、去年は優勝なしだったので、今年は松田本人も非常に力が入り、『速い松田でチャンピオンを獲りたい』と思っていた。本当に僕は何もしない監督だが、一年離れて見ていて、クルマのフィーリングを正確にデザイナーに伝えて、それがアンダーならどんなアンダーか、いろんな種類があるがそういう細かい伝え方がうまくなった。精神的にも、ひとつひとつの積み重ねで、コミュニケーションが良く取れているし、去年よりものすごい成長しているので僕から言うことは何もない。あまりにも優しい性格だが、激しいレースをする為にステアリングを握る時にはプロの目つきになってきた。精神的なフォローをするだけで、プレッシャーをかけないように、思い切りレースをしてもらえるようにしたい。松田は特別にパワーがあるわけじゃないが、他のドライバーが諦めてしまうくらいの速さがある。今回もそういうパターンでいくと思ったが、何でならないんだ(笑)まあ、こういう時もあるんだな。全然力もない監督なのに、チャンピオンを獲ってもらえて、こうして優勝監督としてインタビューをしてもらえて、本当にありがとうございます」

スポンサーサイト

2008年08月31日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ 決勝第1レース記者会見

優勝 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(KONDO RACING)
「(第2レースが)こういう寂しい終わり方になってしまったのは残念だが、今日はすごく良い日だった。僕自身は少々のウェットでも走りたかったけれど、それにはかなり危険な状況だったね。ウォームアップの時点から、クルマのバランスがかなり理想に近い状態だった。でも走っているうちにオーバー気味になってしまった。序盤の頃は2、3番手をうまく引き離すことが出来た。残りの10周くらいでロイックのペースが良かったので、とにかく追いつかれないないように、クルマの力を最大限に発揮させなくてはならなかった。ここにきてようやく自分に自身が付いた。クルマはここ3レース程でとても良い方向に前進いると思うし、自分で乗っていても乗りやすい。でも、残念ながら来年はクルマも変わるので、ゼロからのスタートになってしまう。それはどのチームも同じスタートだし、一からまた皆で作っていきたい」

2位 ロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)
5「レース自体は悪くなかった。1コーナーまでに2台、2コーナーまでにもう2台追い抜いて、かなり良い感じでポジションを進めることが出来た。チームはここ数戦クルマを良い形で仕上げてくれて、競争力も高くなってきた。10位スタートから2位まで上がったし、優勝したJPからコンマ4秒落ちだったので良い結果になった。でもそう思ってくると、もし昨日の予選が6位以上だったら勝てたんじゃないかと残念。今回は予選だけが悪かったので仕方がない。結果的に勝つことは出来なかったが、良いクルマで良いレースができた。そして、KONDO RACINGも今回良い形で来ていて、これだけの頑張った結果を出すことができたので、今日の勝利は彼らにこそふさわしい。心から祝いたいと思う。チャンピオンシップでも自分は2位につけていて、今回松田選手を上回ることができて良かったし、あと1戦勝てるように頑張りたい」

3位 小暮 卓史(PIAA NAKAJIMA)
「前回のもてぎでトラブルがあったところをリニューアルしたおかげで、スタートが良くて1コーナーでオリベイラ選手に並ぶまでに到ったが、前半特にフロントのグリップ不足でどうしてもなかなかペースが上げられなかったので、ポジションをキープしようとした。松田選手にもロイックにもパッシングされて、厳しいレースになるかなと思った。後半は徐々にタイヤが垂れてきてクルマも良くなって、ペースが上がってきたが周回が少ないので、トップの2台に追いつくには到らなかった。でもアンドレや松田選手を抜き返すこともできたし、多少ブレーキングでナーバスなこともあったが、自分のペースで走りができた」

 


近藤 真彦(KONDO RACING監督)

「2000年からFNに参加して初優勝ができて、非常に嬉しく思う。チームとしては、FNのレースを理解することや下地を作ってきて、去年にやっと自社のファクトリーを作り、エンジニア・メカニックの半分以上を入れ替えた。新たに大きく変化させたことが良い方向に向かってきた。チームが少しずつ強くなっていることは確信していたので、いつこんな日が来てもおかしくないとは思っていた。しかしFNで勝つということはなかなか難しく、良いところまで来ても、どこかのギアがおかしくなって、空回りしていた状況が続いていた。今日は全てのギアがはまっってうまくいった。レースが難しいと思うのは、あれだけの機械やコンピュータを動かしているのに、最終的には人の力が大きいことを実感した。今年は念頭から、チーム一丸となってFNで勝つことを目標にしてきたので、とりあえず達成できたが、残りのレースも一生懸命頑張りたい」

2008年08月31日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ 決勝第2レース


[写真:秋山]

第1レースの後に降って来た強い雨により、第2レースはディレイ。
15時50分より10分間ピットレーンを使用した走行が始まった。
スタート進行後も再度ディレイとなり、16時35分にようやく松浦を先頭にSCスタート。
しかし周回を重ねても依然雨む気配を見せず、6周目で赤旗中断してそのままレース成立で終了。
2006年開幕戦を彷彿とさせる展開となった。
2008年全日本選手権フォーミュラニッポン統一規則第40条2項4)(2)*により、選手権得点の半分が与えられる。

2レース制がもたらす意外な展開。
ルーキー・松浦が優勝、2位にトレルイエ、3位にクインタレッリという結果となった。

そして最終戦を待たずして、前戦クラッシュにより負傷し、第7戦を欠場している平手 晃平(TP Checker IMPUL)が今年のルーキーオブザイヤーを受賞することが決まった。


* 「先頭車両が2周回を完了し、かつ走行距離がレース距離の75%未満でレースが中止された場合、レースは成立し選手権得点の半分が与えられる」

2008年08月31日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ 決勝第1レース

13時より決勝第1レースがスタートした。
今週末初めてとなる夏の暑さ、気温・路面温度ともに上昇し、コンディションも予選までとは大きく変化している。
王者・松田 次生(LAWSON TEAM IMPUL)連覇への期待と、PPスタートのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(KONDO RACING)の初優勝が見所のレース。
アクシデントもなくクリアに各車がスタート。
オリベイラは綺麗にスタートを決める一方、フロントロウスタートの松田は小暮 卓史(PIAA NAKAJIMA)に抜かれてしまう。しかし再びダンロップで2位を取り戻す。小暮は、予選7位から上がってきたアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)に隙を突かれ4位まで後退。波乱の幕開けとなった。

予選で10位と沈んでいた、シリーズランキング2位のロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)が6位まで大きくジャンプアップし、2周目の1コーナーで5位に浮上と、逆転タイトルに意地を見せる。
レース序盤で順位を落としていたブノワ・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)が7位まで順位を上げ、この後も7、8位争いが激しく繰り広げられた。
レース中盤、チームメイトの小暮を抜いて4位につけていたデュバルが、ロッテラーをかわし表彰台圏内へ。なかなかペースを上げられないロッテラーは、この後小暮にもかわされ5位に沈んでしまう。

17周、ついにデュバルは松田を鮮やかにパス。ラップを刻むごとにオリベイラとの差を、じわじわと縮めていく。
しかし、序盤から安定したペースで独走態勢を築いていたオリベイラは、ラストラップまで果敢に追い詰めるデュバルを丁寧な走りで押さえ切り、見事なポールトゥウィンで自身にとって、そしてチームにとっての初優勝を飾った。

25周に小暮に前を行かれてしまった松田は、4位入賞ながらも5ポイントを獲得し、2年連続のチャンピオンを決めた。
逆転タイトルはならなかったもののデュバルは素晴らしい追い上げで2位に、小暮も3位とファステストラップ獲得(23周/1'29.093)と健闘。PIAA NAKAJIMAのドライバー二人が2-3フィニッシュとなった。

5位以下、ロッテラー、ロニー・クインタレッリ(CERUMO/INGING)、トレルイエ、松浦 孝亮(DoCoMo DANDELION)まで8台がこの後行われる第2レースのリバースグリッド対象となる。


[写真:秋山]

2008年08月31日

●新車両FN09のデモ走行が行われる

ピットウォークが開催されている時、来年から導入される新車両"FN09"が多くのファンが見守る中、お披露目された。

続きを読む ≫

2008年08月31日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ 日曜日フリー走行


昨日とは打って変わって晴れたの日曜日の朝。
しかしコース上にはまだ雨が残っており、ウェット宣言が出される中、8時より30分のフリー走行が行われた。
終盤、アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)がコース上でストップ。赤旗中断となる。
まもなく再開されたセッションで、トップタイムをマークしたのは昨日の予選16番手のロベルト・ストレイト(STONEMARKET・BLAAK CERUMO/INGING)。初PPを獲得したジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(KONDO RACING)は、4番手のタイムで決勝前の最後の調整を終えた。

決勝第1レースは13時から30周で行われ、第2レースは25周で15時45分から開始となっている。

2008年08月30日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ 予選後記者会見

ポールポジション ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(KONDO RACING)
「今日は初めから自信を持って臨めた。シーズン当初のテストでは速かったので、予選前にチームになるべく早くコースに出たいと頼んでいた。Q1ではすごく調子が良かったので、Q2の時にはQ3まで同じセットでいけると思ったが、Q3の時にタイヤが温まりすぎてしまったので新品でいった。
2年目のシーズンで初めてPPを獲得でき、本当に嬉しい。最後に獲ったのは何年も前のF3の時で、今シーズンGTでもFNでもハードに頑張ってきてようやくここでチャンスが掴めたと思う。チームと皆で頑張ってきたのがこのトップという結果に繋がった。明日はまた異なる展開なので、明日は明日で頑張りたい」

2位 松田 次生(DoCoMo DANDELION)
「朝のフリー走行までは順調で、予選がドライならPPを獲れる雰囲気はあったが、お昼前から雨が降ってきて嫌な状況になってきた。開幕前のテストは、ウェットでの富士はあまり調子が良くなかったので、少し不安な状態の中Q1を走り始めたが、案の定グリップがせずスピンしたりして乗り難かった。Q3では新品タイヤで出たが熱を入れすぎてしまった。スリックにしようか迷ったが、リスクが大きいかなと思い浅溝で走りタイムは出すことが、出来たがオリベイラ選手には及ばなかった。タイトルのことは気にせずに、連続ポールを獲りたいと思っていたので、あと僅かのところで負けて悔しいが、2位という予選結果には満足している。まだ最終戦もあるし、あと1回獲って記録更新したいと思う。明日は勝ちたいという気持ちがある。オリベイラ選手と小暮選手の3人で良いバトルをしたい」

3位 小暮 卓史(PIAA NAKAJIMA)
「フリーの段階で、昨日から大幅にクルマを変えたのをすぐ確認したかったので、早く一番初めにアタックをかけたが、路面がすごく悪くて、それが良かったのかどうか確認できずに終わってしまったが手ごたえが合った。ドライでもいけると思ったが、雨が降ってきて、クルマをセッティングを変えずに臨んだが、思ったようなラインにクルマが乗ってくれなかった。1回目、2回目とちょっとずつ良くなって来たが、トップ2台が39秒台出ていたのを、オーバーステアになってしまい、結局タイムを縮められなかった。前回はトラブルがあって良いレースが出来なかったが、調子も上向きなのでちゃんと完走して良いレースをしたいし、今季はまだ優勝していないので勝ちたいと思う」

2008年08月30日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ ノックアウト予選

午前中のフリー走行に引き続き、ウェットコンディションでスタートした。
果たして、連覇を目前にした松田のタイトル決定を阻止できるのか。
予選から目が離せない。

予選Q1
開始頃には雨は止んだ。松田が開始早々コースオフするも、余裕のトップタイム更新。
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(KONDO RACING)と松田がトップ争いをするが、終盤に小暮 卓史(PIAA NAKAJIMA)が割って入る。JPがトップを奪い返して1'40.401を出し、、タイムアップ。
ロベルト・ストレイト(STONEMARKET・BLAAK CERUMO/INGING)、金石 年弘(SG team 5ZIGEN)、立川 祐路(CERUMO/INGING)、荒 聖治(PETRONAS TEAM TOM'S)、平中 克幸(SG team 5ZIGEN)がQ2に進めず予選を終えた。

予選Q2
Q1より若干路面が乾き、各マシンが開始と同時に一斉にコースイン。
今季調子が今ひとつ出ていない、ブノワ・トレルイエ(LAWSON TEAM IMPUL)がスピン。
残り3分で、ロッテラーが渾身のトップタイムを叩き出す。ロッテラーは松田の流れを止める為にも、PPを取りたいところ。
逆転タイトルと富士初優勝を狙うデュバルが、10番手でまさかのQ2敗退。
他、石浦 宏明(Team LeMans)、トレルイエ、本山 哲(Team LeMans)、伊沢 拓也(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)、井出 有治(同)、松浦 孝亮(DoCoMo DANDELION)がQ3進出を逃した。

予選Q3
刻々と変わる路面状況で、マシンセッティングを変更し最後のアタックに臨む。
松田が真っ先にコースに入る作戦に出た。
オリベイラが1'39.677の好タイムで、トップに躍り出る。
06年最終戦でスポット参戦し、翌年よりフル参戦。自身にとってもKONDO RACINGにとっても、嬉しい初ポールポジションを獲得。
松田はわずか0.045秒及ばず悔しい2位。残念ながら、連続PP記録更新はならなかった。
3番手には小暮が入った。

明日の決勝は2レース制で行われ、13時より第1レースが始まる。

[写真:秋山]

2008年08月30日

●フォーミュラ・ニッポン第7戦 富士スピードウェイ 土曜フリー走行

10時ちょうどより30分間、土曜日のフリー走行が開始された。
不安定な天候の中ウェット宣言が出され、、ウェットタイヤ装着車両はライトを点灯させての走行となった。
トップタイムは、ランキングトップを独走する松田 次生(LAWSON TEAM IMPUL)で1'26.463。
松田を阻止し、逆転タイトルを狙うロイック・デュバル(PIAA NAKAJIMA)、アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)と続き、ランキングトップ3がそのまま顔を揃えた形となった。

混戦必至・注目の公式予選は、14時25分より行われる。

2008年07月13日

●フォーミュラ・ニッポン第5戦 鈴鹿サーキット 決勝第1レース

気温33度、路面温度48度という過酷なコンディションの中、13時00分にフォーミュラ・ニッポン初となる2レース制(リバースグリッド採用)の第1レースがスタートした。

ポールポジションからスタートした松田次生がスタートで遅れ、ホールショットはB・トレルイエ。3番手には一つ順位を上げた金石年弘となった。

松田は5周目、1コーナーでトレルイエをかわし再びトップを奪い返すと他車に1周で約1秒の差をつける圧倒的な走りで差を広げそのままトップでチェッカーをうけた。トレルイエは松田に抜けれるとスプーンで3番手の金石と並びコースオフ、最下位まで順位を落とすこととなった。

14周目に2番手を走行中の金石はトラブルによりスローダウンし、今シーズン初の表彰台を逃した。

第2レースのポールポジションは第1レースを8番手でチェッカーをうけた本山哲(Team LeMans)、2番手グリッドは横溝直輝(KONDO RACING)、3番手からスタートするのはL・デュバル(PIAA NAKAJIMA)となった。

優勝 松田次生(LAWSON TEAM IMPUL)
暑い中、沢山のファンが来てくれて嬉しかった。地元で2勝目をあげられチームのみんなにも感謝したい。スタートは失敗したけどそれ以外はパーフェクトだった。レースは15周過ぎから本当に辛かった。第2レースにむけてスタートで2~3台抜ければ面白い展開になると思う。

2位 A・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)
良いスタートがきれて良かった。もう少しで金石も抜けたしね。サバイバルレースでマシンもコントロールしづらくタイヤをセーブしながらタフなレースだった。今までのレース人生の中でもタフなレースだった。第2レースはエアコン付きの車にしたいね(笑)

3位 小暮卓史(PIAA NAKAJIMA)
スタートに失敗しました。とにかくタイヤの消耗が激しかった。前をいくロッテラーのスリップに入るがアンダーステアがでて、離れると抜く事は出来ないし今回は本当につらいレースになった。第2レースは車のバランスを見直し挑みたいですね。

Pos. No. Name Team Gap
1 1 松田 次生 LAWSON TEAM IMPUL 54'58.386
2 36 A・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM'S -14.794
3 32 小暮 卓史 PIAA NAKAJIMA -15.457
4 4 J.P.デ・オリベイラ KONDO RACING -16.171
5 20 平手 晃平 TEAM IMPUL -23.000
6 31 L・デュバル PIAA NAKAJIMA -28.729
7 3 横溝 直輝 KONDO RACING -30.927
8 7 本山 哲 Team LeMans -35.161
9 40 松浦 孝亮 DoCoMo DANDELION -36.509
10 47 R・クインタレッリ CERUMO/INGING -37.492
11 67 R・ストレイト STONEMARKET・BLAAK CERUMO/INGING -38.312
12 55 井出 有治 AUTOBACS RACING TEAM AGURI -46.075
13 37 荒 聖治 PETRONAS TEAM TOM'S -49.871
14 8 石浦 宏明 Team LeMans -50.435
15 55 井出 有治 AUTOBACS RACING TEAM AGURI -1'08.863
16 41 土屋 武士 DoCoMo DANDELION -1'09.378
17 48 立川 祐路 CERUMO/INGING -1'11.555
18 6 吉本 大樹 SG team 5ZIGEN -1'43.433
19 5 金石 年弘 SG team 5ZIGEN -6laps
20 2 B・トレルイエ LAWSON TEAM IMPUL -16laps

 

メイン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。